手軽に栄養補給できる「夏の栄養ドリンク」として注目される

ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミンB群が豊富で疲労回復効果が抜群。ダイエットや美白効果も期待できる

発酵飲料「甘酒」は、実は夏にぴったりの飲み物

塩麹(こうじ)に醤油麹と麹ブームが続いていますが、この季節に注目したいのが麹を使ってつくる発酵飲料「甘酒」です。甘酒というと、寒い季節に飲む体を温める飲み物というイメージが強いかもしれませんが、実は甘酒は夏の季語。

江戸時代には、冷たい甘酒が夏の飲みものとして人気だったとか。それも、夏バテを防ぐ栄養補給のためのドリンクとして飲まれていたようです。
というのも、甘酒はブドウ糖やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富で消化・吸収もよいので「飲む点滴」と呼ばれるほど。飲みやすく手軽に栄養補給できる甘酒は、夏バテの予防・解消にもってこいの飲み物なのです。

麹の働きで自然な甘みとうま味、栄養がたっぷり。疲労回復に効果

甘酒には、蒸したお米に麹菌を加えて発酵させた麹甘酒と、同じ材料を長い期間発酵させてできる酒の絞りかす「酒粕」(さけかす)を水に溶かして甘みを加えたものがあります。
酒粕から作られたものにはわずかですがアルコール分が残っているため、お子さんやアルコールが苦手な人には、アルコールが含まれていない麹甘酒がおすすめです。

麹甘酒の甘みは、麹菌の生み出す酵素によってお米のでんぷんが分解されてできるブドウ糖によるもので、砂糖などの甘みを加えなくても十分な甘さがあります。また、お米のたんぱく質も酵素の働きでうま味成分のアミノ酸に分解されます。こうして、甘くておいしい甘酒ができるのですが、それだけではありません。

私たちがご飯を食べるときには、体の中の酵素を使ってでんぷんやたんぱく質を分解する消化を行いますが、甘酒では予めでんぷんはブドウ糖に、たんぱく質はアミノ酸に分解されているので、消化に費やすエネルギーが少なくて済みます。
つまり、体のエネルギー源となるブドウ糖やアミノ酸を効率よく摂取できて、疲労回復効果が大きいのです。

ダイエットや便秘解消、美肌効果もバッチリ! シミ・そばかす予防に

このほか甘酒にはビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、ビオチンなどのビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群はエネルギー代謝を促し、疲労回復はもちろん、ダイエットにも役立ちます。

また、麹がでんぷんを分解する過程ではオリゴ糖も作られますが、オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって善玉菌を増やします。善玉菌が増えると腸内環境が改善され、便秘解消や肌荒れ解消、さらには免疫力の向上効果も期待されます。

甘酒に豊富なビタミンB群にはまた、お肌や髪、爪など皮膚の健康を保つ働きがあります。さらに、麹に含まれるコウジ酸には美白効果があることが知られ、化粧品にも使われるほど。コウジ酸はシミの原因になるメラニンの発生を抑制してシミやそばかすを防ぐといわれています。

暑いときは炭酸や牛乳で割ると飲みやすい

冷たくした甘酒でも、暑いときには甘みが強すぎると感じられるかもしれません。そんなときは炭酸で割るのもいいですし、牛乳や豆乳、果汁ともよく合うので、いろいろアレンジしてみてください。
冷房で体が冷えてしまったときなどは、熱くした甘酒にしょうがを入れて飲むのもおすすめです。

夏バテぎみで食欲がないときも、冷やした甘酒ならおいしく飲めそう。ヘルシーな甘酒で、暑い夏を元気に乗り切りましょう!

(編集・制作 (株)法研)
※この記事は2015年7月に配信された記事です