春夏通じて甲子園初出場からの最多連敗記録を持つ高校が今大会も出場!

写真拡大

 今大会2日目に登場する岩手県代表の盛岡大付はある不名誉なワースト記録を保持しているチームだ。それは甲子園春夏を通じて初出場からの“連敗記録”である。

 同校が初めて甲子園に出場したのは夏の選手権の95年第77回大会。この時は初戦で名門・高知商と対戦し、善戦したものの5‐7で惜敗した。その翌年の第78回大会にも2年連続出場を果たしたが、東筑(福岡)の前に0‐2で完封負けを喫してしまった。以後、01年第83回夏の選手権では近江に1‐4、03年には春夏連続出場するが春の選抜では強豪・横浜(神奈川)に0‐10で大敗、夏の選手権では延長戦の末福井商に6‐8、その翌年の第86回夏の選手権では明徳義塾に2‐15と完敗。そこから4年ぶりの夏となった08年第90回大会では駒大岩見沢(北北海道=現在は閉校)に3‐8で敗れ、これで通算7連敗。この数字は甲子園初登場からの連敗記録としては59年夏〜67年夏の海星(長崎)と71年春〜00年夏の岩国(山口)と並ぶ最多連敗タイ記録となってしまった。

 盛岡大付の連敗はさらに続き、初出場した03年から7年ぶりの春となった10年の第82回選抜では中京大中京(愛知)に4‐5と1点差に泣き8連敗。これでワーストを更新してしまった。その2年後の12年夏の選手権第94回大会では延長12回の死闘の末、立正大淞南(島根)の前に4‐5で敗れ、これで二ケタ連敗にリーチがかかる状態に。

 確かに95年の初出場から18年間で9度の甲子園出場は実力の証でもあるのだが、ツキに見放されるなどしてとにかく甲子園1勝が本当に遠かったのである。

 だが、そんな盛岡大付が待望の甲子園1勝をあげる瞬間がやってきた。13年第85回春の選抜である。安田学園(東京)との一戦は互いに4回に2点を取り合い同点のまま終盤戦へ。すると8回裏に盛岡大付はホームランで1点を勝ち越し、あとはこの1点を守り切るだけだった。ところが9回表に2アウトから長打で追いつかれ、暗雲が垂れ込めかけた。それでもその裏に1アウト一、三塁のチャンスを作ると、ここで次打者にショート内野安打が飛び出し、4‐3で劇的なサヨナラ勝ち。甲子園通算10試合目でようやくつかんだ待望の“甲子園初勝利”だった。

 二ケタ連敗を免れた盛岡大付はこのあと、14年第96回選手権で東海大相模(神奈川)相手に4‐3と接戦を制し、夏の甲子園の初白星も飾っている。今回は昨年夏に続く連覇を狙う作新学院(栃木)と初戦で激突。連敗街道から脱出したチームが昨年王者の連覇阻止に立ち上がる。

(高校野球評論家・上杉純也)