8月5日放送の若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、原宿で「今週の気になったニュース」をインタビュー調査。若者が「それな」と関心を持つニュースを探った。

■「ハワイで歩きスマホ罰金に」

 ハワイ・ホノルルで、交差点を横断中の“歩きスマホ”を禁止する条例が10月から施行されることになった。1度目の違反で最大35ドルの罰金が科される。

「スムーズに歩けるようになって、事故が少なくなるならいいと思う」(22歳・女性/専門学生)

「日本でもやればいいのにと思った。(自分が)自転車をこいでいると、歩いている人がスマホをいじっていて、避けようとしても避けきれなかったりするので。結構迷惑だなと思う」(18歳・女性/受験生)

「(日本でも罰金が科されたら)やめます。止まっていじる」(18歳・女性/大学生)

■「年金の受給資格が10年に短縮」

 年金を受給するために必要な加入期間が、25年から10年に短縮。68万人が新たに年金を受け取れるようになった。

「結構大きな金額なので毎月払うのは負担があるが、(将来)本当にもらえるならちゃんと払いたい」(22歳・女性/会社員)

「すごく引かれてるから手取りが少ない。でも結局、将来そんなにもらえない」(24歳・女性/介護士)

「(将来)もらえるという保証があるなら払っていても問題ないが、自分たちの親世代でもギリギリもらえるかもらえないかって言われてるので、正直、払うのは少しバカバカしい感じもする」(24歳・男性/会社員)

「(国民の)義務だからしょうがない。(年金を)もらえないものだから、お母さんに『積み立てしておきなさい』と言われた。もらえないならやめてほしい」(23歳・女性/飲食業)

■第3次安倍・第3次改造内閣が発足

 第3次安倍第3次改造内閣が発足した。安倍総理は、今回の内閣を「仕事人内閣」とし、政権立て直しに向けた意欲を強調した。

「(顔ぶれが)かたい感じがした。もう安倍さん自体にあまりいいイメージがないので、それ(内閣改造)をやってもどうなのかなって感じ」(19歳・女性/大学生)

「冒険はしなかったなって。個人的には加計学園とか、そんな話はどうでもいい感覚で、もっと有意義な議論をしてほしい」(28歳・女性/会社員)

 安倍政権とは距離を置いてきた野田聖子総務大臣の起用については、

「内側に敵がいるというか反対意見を持った人がいた方が、いろんな意見が出ると思う。意見がぶつかって対立していた方が、いろんな意見が生み出されていい」(25歳・男性/会社員)

「あえてそういうメンバーを加えることで、イメージUPをはかろうとしている感じはした」(29歳・女性/会社員)

 などの意見があがった。さらに、自民党の筆頭副幹事長に就任した小泉進次郎議員の印象についても聞いてみた。

「さわやかな、すごく仕事ができそうなイメージ」(19歳・女性/フリーター)

「率直に意見を言う、その人柄が愛されるんだと思う」(22歳・女性/大学生)

「実際、進次郎さんが何をやったかまだ目に見えてわからないので、これからに期待」(29歳・女性/会社員)

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)