KDDI「カラオケVR」8月22日開始。ホラーやアイドル・恐竜などVRコンテンツをJOYSOUND店舗に提供
KDDIは、カラオケ店でVRを楽しめるサービス「KDDI カラオケVR」の提供を8月22日に開始します。JOYSOUND品川港南口店で利用可能。対応店舗は順次拡大する予定です。

「KDDI カラオケVR」は、専用のVR機器がなくても、カラオケ店に行くだけでVRを楽しめるサービスです。1人につき1台機器を貸し出すため、複数人で楽しめます。VR機器とカラオケ機材を接続すれば、カラオケルームのスピーカーで臨場感のあるVRも体験可能だといいます。

VR機材はHTC Viveなどの据え置き型ではなく、スマートフォン装着型のGear VR with Controllerを採用。

料金はVR機器1台につき30分300円、フリータイムの場合は1500円です(いずれも税別)。別途カラオケ室料がかかります。


VR機材はGalaxy S8装着のGear VR with Controller

コンテンツは、アイドルグループ「マジカル・パンチライン」のバーチャル握手会や、ホラー作品の「怨みの村」、「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-」などを用意。9月からは、KDDI総合研究所の「自由視点VR技術」を活用し「マジカル・パンチライン」の新曲「パレードは続く」を楽しめるVRコンテンツを提供。コンテンツは毎月更新・追加するとしています。

VRといえば、自信でビューワーを揃えるか、アミューズメント施設に行かないと体験できないもの。身近なカラオケ店で楽しめるようになれば、今よりも敷居が下がり、気軽に楽しめるようになりそうです。ただ、例えば1人でカラオケルームでVRに没入している最中に、悪意ある人間が侵入してきた場合などに、迅速に対処できるのか気になるところでもあります。

流行りの「VR」がはらむ犯罪の危険。装着中は無防備、どう身を守る?


子どもから大人まで楽しめるコンテンツを用意している



また簡易VRビューワー「ハコスコ」の店頭販売も実施します。「KDDI カラオケVR」導入のJOYSOUND店頭にて、「ハコスコ付き完全限定生産サンライズ盤」を販売。これは、「マジカル・パンチライン」の限定VRコンテンツと、オリジナデザインのVRゴーグル「ハコスコ」がセットになっており、自宅に帰ったあとでもVRを体験できます。

関連:
「実写の360°映像内を歩き回れる」VR技術、KDDIが開発。カラオケルームで1時間600円