故障者/柏=手塚 鳥栖=谷口
出場停止/柏=手塚 鳥栖=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ21節
柏レイソル-サガン鳥栖
8月9日(水)/19:00/日立柏サッカー場
 
柏レイソル
今季成績(20節終了時):3位 勝点38 12勝2分6敗 31得点・21失点
 
【最新チーム事情】
●前節はクリスティアーノ、D・オリヴェイラ、キム・ボギョンらを前線に並べる攻撃的布陣が機能し、リーグ4試合ぶりの白星を飾る。
●神戸戦で負傷交代した手塚は、右膝前十字靭帯損傷、右膝外側半月板損傷で全治約8か月の見込み。
●手塚に代わって出場が予想される小林は、約5か月ぶりのスタメンが濃厚。
 
【担当記者の視点】
 キム・ボギョンをトップ下に置いた布陣が前節の神戸戦で機能し、クリスティアーノ、D・オリヴェイラ、伊東の躍動感ある攻撃から3得点を奪って、逆転勝利を収めた。
 
 ただ、4月にスタメンに定着して以来、中盤の司令塔として非凡な能力を発揮し、快進撃の立役者にもなった手塚が全治約8か月の長期離脱(右膝前十字靭帯損傷と右膝外側半月板損傷)を余儀なくされたのは大打撃である。
 
 代役は小林が濃厚だ。手塚とはタイプは異なり、球際に強く、ボール奪取能力に長けた守備的MFの働きが鍵となりそうだ。
J1リーグ21節
柏レイソル-サガン鳥栖
8月9日(水)/19:00/日立柏サッカー場
 
サガン鳥栖
今季成績(20節終了時):9位 勝点30 8勝6分6敗 24得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●19節の広島戦から2連勝。
●前節フル出場のイバルボが新布陣にフィット。新たな攻撃の核になる予感。
●イタリア人GKコーチ、ジルベルト・ヴァレージを新しく招聘。
 
【担当記者の視点】
 19節では広島を1-0で下すと、前節の清水戦も2-1で勝利し、今季初の連勝を飾った。開幕戦で一度敗れている柏との一戦に、その勢いを持って臨めるか。
 
 中断期に非公開練習で取り組んだ3トップは徐々に浸透し、攻撃力は向上している。その中心がイバルボである。このコロンビア人FWが前線でタメを作ることで、人数をかけて攻めることができるようになった。
 
 開幕戦ではまだ加入していなかったイバルボは、柏にとって嫌な存在だろう。うまく活かしてパスワークを活性化させたい。