思い出は動画入り写真で残す!ミニプリンター「Lifeprint」が楽しすぎる

写真拡大

もしも魔法が使えたら…。誰もがそんな思いを一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。アニメや映画の世界のように、絵画や写真に写る人たちが楽しそうに動き出す。この “あったらいいのに” を実現するプリンターが「Lifeprint(ライフプリント)」です。

いままで写真で思い出を残す手段といえば、印刷した写真をアルバムに貼るか、スマホやパソコンの中にデータを残すかぐらいでした。しかしLifeprintを使えば、印刷した写真をアルバムに貼ったあとも、写真の中で楽しそうに動き回る子どもや、移りゆく景色を眺められるのです。

生きた写真はどう動きだすのか、気になります。早速Lifeprintを使ってみました。

 

■どうして写真が動き出すのか?

▲本体とフォトペーパー

「Lifeprint」のサイズは奥行127弌濾76弌濆發25个能鼎気200g。フォトペーパーは一袋10枚入りで、サイズは縦50弌濂76个函▲船Дをひと回り小さくしたぐらい。30枚パックと110枚パックの2種類あります。充電は付属のUSBケーブルで行います。

写真が動き出す仕組みは、画像と動画を組み合わせた「Hyperphoto」と呼ばれるAR技術を使っているから。近年は、ゲームアプリの「ポケモンGO」や、写真加工アプリの「SNOW」など、AR技術を活用して楽しむアプリが増えています。「Lifeprint」は、そんなAR技術を活用した写真を自分で簡単に作れるプリンターです。

スマホなどで撮った画像と動画のデータがアプリ上で紐づけられることで「Hyperphoto」ができあがるのです。

 

■専用の印刷用紙をセットして簡単プリント

まずは使い方をご紹介。

本体上部を軽くスライドさせて蓋をあけ、フォトペーパーをセットします。フォトペーパーは、インクを使用しない「ZINK Zero Ink Printing」技術を採用しているので、インク交換の手間もありません。

▲フォトペーパー10枚につき1枚付属の「スマートシート」

一番下に同封された青い紙のバーコード面を下向きにして置き、その上にフォトペーパーをセットして蓋を閉めます。

使用する前に、充電ランプが緑になるまでしっかり充電しておきましょう。

そしてスマホのBluetoothを有効にし、本体横にある電源ボタンを約3秒間押して電源を入れます。BluetoothでLifeprintと接続したら準備は完了。

Lifeprintのアプリを起動し、印刷したい動画や画像を選択します。カメラロールに入っている動画だけでなく、Facebookやインスタグラム、Twitterなどから印刷することもできます。

動画を選んだら、使いたい部分を最大15秒間切り取り、印刷して写真にする画像を選択します。画像は動画のコマのなかから選ぶほかに、カメラロールにある別の画像から選ぶこともできます。

画像はトリミングしたり、色合いを変更したり、ステッカーや文字を挿入したりと、さまざまな加工ができるので、おしゃれにアレンジするのも楽しい。

編集が終わったら、プリンターに「送信」して印刷開始です。約30秒で印刷が完了します。

写真の裏はシールになっているので、動く写真としてだけでなく、シールで貼れる写真を作りたいときにも使えて一石二鳥です。

 

■アプリでのぞいてみると!

プリントした写真をアプリのビューモードでのぞくと……。

▼東京の花火大会

すごい! 花火が動き出した! ――と思わず声が。写真で見るのとは違う、映像ならではの迫力があります。実際には花火の音や人の声などもしっかり聞こえます。

 

■海も朝日も動き出す

続けてふたつLifeprintを楽しんでみました。筆者が旅行先で撮ったムービーをLifeprintで印刷したのがこちら。

▼ハワイの海

▼エアーズロックの朝日

写真だけでなく映像も見ることで、より鮮明にそのときの思い出が蘇ります。楽しかった旅行を思い出して思わず顔がにやけてしまいました。写真の画質はデジカメ写真には及びませんが、フィルムのような粒子の粗さはむしろ味があって好感を持てます。

アプリを通して写真を覗けば、そのときの映像も蘇る「LIFEPRINT PHOTO AND VIDEO PRINTER WHITE」。本体のお値段は1万8792円、専用のフォトペーパー「LIFEPRINT PHOTO PAPER - STICKY BACK」は30枚パックと110枚パックの2種類で、2916〜6480円です。

アプリ上でシェアすることも可能なため、家族や友人と、写真やデータを共有できる楽しさも魅力。また、結婚式の2次会でひとりひとりコメントをした写真をとれば、新郎新婦の良い思い出になるはず。アルバムにまとめて記念日にプレゼントすれば、普通のものとはひと味違うアルバムに喜ばれること間違いなしですね。

子供の成長記録に、友人との夏の思い出に、写真だけでは残せないその場の空気を残せる新たな思い出の残し方を試してみるのはいかがでしょうか。

>> Lifeprint

 

(取材・文/中川美紗)

なかがわみさ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。「旅」と「アート」が大好き。情報が目まぐるしくアップデートされるスマホやウェブサービスに立ち向かいながら、webメディアを中心に記事を執筆中。