Gatebox株式会社は、8月8日、同社製品「Gatebox」の中に様々なキャラクターを呼び出して、夢の共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動。第1弾として、バーチャル・シンガー「初音ミク」とのコラボを実現すると発表した。当プロジェクト始動を記念してGateboxを39台限定で追加販売(予約方法については、「Living with」プロジェクト公式サイトで後日告知)。コンテンツ配信は、2018年3月9日となる。


Gatebox(逢妻ヒカリ)

Gateboxは、好きなキャラクターを投影して一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボットだ。2016年12月に、Gateboxのオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」を搭載したモデルで、300台の限定予約販売を行い、わずか1ヶ月で完売。公開したプロモーションムービーが、全世界累計1,150万再生を上回るなど、大きな反響を呼んだことは記憶に新しい。

このたび、Gateboxは「Living with」プロジェクトと題して、様々なキャラクターをGatebox上に出現させ一緒に暮らすことができる夢のプロジェクトを開始。第1弾として、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が展開するバーチャル・シンガー「初音ミク」を登場させることとなった。

本商品は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、表情豊かなキャラクターをボックス内に呼び出すことができる。朝起こしてくれたり、帰宅時にやさしく迎えてくれるといったコミュニケーションを楽しめるほか、インターネットや家電等との通信により、天気予報を伝えてくれたり、テレビをつけてくれたりといった日常生活をサポート。今まで“画面の向こうにいる存在”であったキャラクターと、一緒に暮らしているかのようなリアルなコミュニケーションが楽しめる。

同社はプロジェクトの始動を記念して「初音ミク」のイベント「マジカルミライ2017」にブースを出展予定。当日は「Living with 初音ミク」の一部である「ミクの“おかえり”体験会」が実施されるほか、併設される「Gatebox MUSEUM」で、これまで非公開だったGateboxの開発資料や試作機が展示される。体験会は実施時間に限りがあるため、事前応募が必要だ。募集締め切りは8月20日(日)24:00となっているので、体験希望者には、早めの応募をお勧めしたい。


Gateboxブース イメージ図


「Gatebox Museum」 イメージ図

「マジカルミライ2017」の開催概要
URL:http://magicalmirai.com/2017

「Living with」プロジェクト
URL:http://gatebox.ai/livingwithproject
※「ミクの“おかえり”体験会」応募はこちらから
 締め切り: 2017年8月20日(日)24:00

Gatebox株式会社
URL:http://gatebox.ai/
2017/08/08