テレビドラマ「The O.C.」で知られる女優のレイチェル・ビルソンが、『スター・ウォーズ』シリーズでアナキン・スカイウォーカーを演じた俳優ヘイデン・クリステンセンについて語った。

レイチェルとヘイデンは2007年に映画『ジャンパー』(08)の共演がきっかけで交際をスタートし、2014年10月に第1子が誕生。女の子はブライア・ローズちゃんと名付けられた。

そして、そんなレイチェルがヘイデンとの出会いについて、ファッション誌「Lapalme」に「『ジャンパー』の撮影でヘイデンに出会ったの。素晴らしい経験だったわ。最も大切な時間だったの。イタリアのコロシアムの中で撮影したのよ」「あの役は充実していたし、人生の経験としてすべてが充実していたの。最高の時間の1つだったわ」と明かした。

さらに第2子については「もう1人子供を授かることになるかもしれないけど、まだ未定ね。今、この子ととてもたのしい時間を過ごしているの。幸せになりたいし、満足したいわ。人生に起きるくだらないことなんて関係ないの。幸せになりたいし、子供に幸せになってほしいし、自分の人生にいる人みんなに健康で、幸せになってほしいのよ」と話している。

2008年のレイチェル・ビルソンとヘイデン・クリステンセン (c)Imagecollect.