おのののか、胸元セクシーなキャバ嬢に 『僕やり』第4話に出演(c)カンテレ

写真拡大

 現在放送中の連続ドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の第4話に、おのののかがセクシーなキャバクラ嬢役で出演することが発表され、場面写真が解禁となった。

【関連】『僕たちがやりました』第4話場面写真フォトギャラリー

 金城宗幸と荒木光による同名漫画を基にした本作は、凡下高校に通う増渕トビオ(窪田正孝)たちが、不良ばかりの矢波高校の生徒に襲われた仲間のために復讐を企てたものの、誤って大爆発を起こしてしまい、“爆破事件の容疑者”として右往左往しながら成長する姿を描く。

 8日放送の第4話でおのが演じるのは、原作にないオリジナルキャラクターで、熱海のキャバクラで働くキャバクラ嬢“うらら”。トビオ(窪田)から盗んだお金で豪遊するマル(葉山奨之)が入れあげ、湯水のごとく金を注ぎ込む相手だ。

 数日間にわたって撮影された葉山とのシーンで、熱海を一緒に歩いたり、ふぐ料理を食べたりするデートシーンに挑戦したおのは、「デートシーンのある演技は初めてだったので緊張していましたが、マル君を演じる葉山君がいつもニコニコ明るく現場を盛り上げてくれたので楽しく撮影することができました」と述懐。キャバクラ嬢役ということもあり、胸元がハート型にカットされたミニワンピースなど、セクシーな衣装で登場していることについては「露出の多い服を着ての撮影も久しぶりだったので、衣装にも注目してくれたらと思います」とアピールしている。

 第4話では、担任の菜摘(水川あさみ)から事件前日に矢波高校教師・熊野(森田甘路)の不審な行動を見たと聞いたトビオが、自分達の無実を証明するために熊野の家に侵入し、犯行の証拠を掴もうと奔走する。その一方で、捕まっているパイセン(今野浩喜)のもとには、弁護士・西塚(板尾創路)が現れて...。果たして、トビオたちは無実を証明することができるのか?パイセンは何を語るのか?そして、欲にまみれたマルの淡い恋心はうららに届くのか?

 連続ドラマ『僕たちがやりました』は、カンテレ・フジテレビ系にて毎週火曜21時から放送中。