観月あこ(25)

写真拡大

 8月6日までアメリカで開催されたシティ・オープンでは、錦織圭(27)は準決勝で敗退した。期間中、錦織の側に最も長い時間いたのは、コーチでもトレーナーでもなく、モデル恋人の観月あこ(25)だ。その彼女が、交際発覚後、初めてメディアの取材に応じた。

 ***

 人目も憚らずに錦織と腕を組んでワシントンの街を歩き、体を密着させて食事を共にし、揃ってホテルの部屋に帰る……現地で女房然とした振る舞いを見せていた観月。

 結婚の可能性について直撃すると、

「結婚はしたい(ですが)、彼に任せています」

 だが、周囲の観月に対する評判は芳しくない。過去には「Kis-My-Ft2」の玉森裕太との交際が「週刊女性」に報じられており、ネット上には刺青の入った男と一緒に写っている写真などが流出。2人の交際が明らかになった2015年頃から、錦織の成績は低迷している。

観月あこ(25)

 こうしたネットや雑誌でのバッシングについて観月は、

「見てないんで。あんまり興味がないです」

 という答えだが、錦織の父の清志氏は、

「(結婚については)うーん……わからねぇなぁ。そんなもん全然想像したくもない。彼女(観月)が悪いっていうのはいっぱい聞くし。周りからね。まあ、悪いことしか聞かないからね」

 と、観月に対する“ノー”の姿勢を示すのだ――。

 ***

 8月9日発売の「週刊新潮」では、観月との一問一答を掲載するほか、彼女の信奉する「除霊女占い師」の存在、錦織父の胸中について詳しく報じる。観月への取材の模様は動画でも配信中だ。

「週刊新潮」2017年8月17・24日夏季特大号 掲載