「すべてのゾーンで高いクオリティーを示す」と激賞したのが、このレオ・シルバ。僚友・二川は「ナンバー1」とも。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全5枚)

 前編に続きまして、僕が推奨する「今季Jリーグの必見ボランチ」を紹介させてもらおうと思います。6人目からとなります。
 
 あらためて文中に出てくる「ゾーン分け」の説明をさせてもらいます。フィールドを3分割して、自陣ゴール前が「ゾーン1」、中盤エリアが「ゾーン2」、相手ゴール前の「ゾーン3」。それぞれのボランチがどのゾーンで強みを発揮するのかも示していきます。
 
[File 6]
レオ・シルバ(鹿島アントラーズ)
 こちらは二川(孝広)選手が「ナンバー1だ」と評価していました。ゾーンを分けて考えるまでもなく、すべてのゾーンで高いクオリティーを示します。その中でも一番のポイントに挙げられるのが、ボール奪取力の高さです。
 
 ヴィッセル時代に対戦相手として分析した際、「レオ・シルバ選手が近くに来たらパスをして逃げるように」という指示が出ていたほど。相手チームにとっては脅威以外のなにものでもないのです。実際はそんな指示が出ていても無視して、チャレンジを挑んでいる選手が何人かいましたが。
 
 僕自身、当時の印象としてボール奪取の部分だけが優れていると思っていましたが、現在のアントラーズでのプレーを見ると、捌きや前線への飛び出しもかなりのもので、運動量も申し分なしです。
 
 ゾーン3で相手のカウンターを防ぐプレーを見せるなど、危機察知能力も高い。本来は守備的なボランチだとカテゴライズできますが、パートナーに合わせて、攻撃的にも守備的にもなれる選手だと思います。
 
 そういう意味では、よくスカウトがこのレベルの選手を見つけて日本に連れてきてくれたなと感心します。
 
[File 7]
ソウザ(セレッソ大阪)
 去年、一緒にプレーしていて感じたのは、どのゾーンでも満遍なく高いレベルのプレーができるということ。凄かったです。総合力の高いボランチですね。
 
 ヴィッセルのニウトン選手に似たスタイルですが、より広範囲に動き回り、攻撃も守備もそつなく行ないます。今季の開幕時はまだ、J1のプレースピードに対して戸惑いがあったようですが、ユン・ジョンファン監督の的確な指導があったのでしょう、いまではプレーの選択が実に洗練されている。得点もアシストも決めるなど、攻撃の部分で目立つ活躍ができるようになりました。
 
 ゾーン1(自陣ゴール前)では本来の力強さも発揮して、突破されそうなところでしっかりブロックしてきます。チームを首位に導いた立役者のひとりだと思います。
 
[File 8]
大島僚太(川崎フロンターレ)
 彼の個性はゾーン3で発揮されます。相手ゴール前でのプレーの質と精度。今回選んだボランチの中で、いちばんセンスがあるのではないでしょうか。ガンバユース育ちとしては、彼のセンスには魅了されます。
 
 中盤エリアや自陣のエリアからビルドアップする際、本当はボールが取られると危険なので、リスクを冒したプレーは避けがちです。でも彼の場合は、そのあたりでのミスがまるでない。厳しい状況下でもしっかり突破していけるのです。
 
 そのため、ビルドアップを志向する監督、クラブが欲するタイプだと思います。プレッシャーが強くかかる中でも、選択肢が多く、しかも正しい選択ができる、相手に脅威を与えるプレーヤーです、
 
 加えて、パスの出し手としてだけでなく、受け手としても優れています。前線への飛び出しや、時間を作るタメのプレーを相手ゴール前でこなせます。こうしたプレーは、攻撃的なポジションの選手でもなかなかできないのですが、それをボランチにして高い質でやれる。大変貴重な存在だと思います。