クラブ史上初めて参戦したコパ・リベルタドーレスは、1次リーグのスリア戦で初勝利。試合終了のホイッスルが吹かれた瞬間、ピッチ上はまるで優勝したかのような騒ぎに。(C)Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 2016年11月28日に起きた事件を、覚えている方は多いはずだ。ブラジルの1部に所属するクラブ、シャペコエンセの一行を乗せた飛行機が墜落し、多くの尊い命が犠牲となったあの大事件だ。
 
 あれから、およそ9か月が経った。クラブ存続の危機に直面したシャペコエンセはしかし、着実に復興へと進んでいる。そして8月15日には、コパ・スダメリカーナ王者として臨むスルガ銀行チャンピオンシップで、浦和レッズと対戦する予定だ。
 
 シャペコエンセの来日を記念してお届けするのは、現地在住のサッカージャーナリスト、沢田啓明氏が飛行機事故からの歩みを追ったドキュメンタリー連載だ。第3回は、クラブ史上初めて参戦したコパ・リベルタドーレスを取材。1次リーグでは、どんなパフォーマンスを見せたのか。
 
――――――――――――◆――――――◆――――――――――――
 
 飛行機事故から100日目の3月7日、シャペコエンセはベネズエラ西部のマラカイボで、コパ・リベルタドーレス1次リーグの初戦に臨んだ。
 
 16年シーズンのブラジル全国リーグで11位だったシャペコエンセが、南米王者を決めるこの大舞台に立てるのは、昨年のコパ・スダメリカーナを制して参加資格を得ていたからだ。コパ・リベルタドーレスに出場するのは、クラブ史上初。記念すべき初戦の相手は、ベネズエラ後期リーグの覇者スリアだった。
 
 アウェーゲームだったため、飛行機で移動。国外遠征は、あの事故以来だ。サンパウロ、パナマを経由する約30時間の長旅の末に会場に到着。ここでも人々の同情と共感を集め、試合前にシャペコエンセの選手がピッチに姿を現わすと、アウェーにもかかわらずスタンドからは盛大な拍手が送られた。
 
 フォーメーションは、2月下旬から州リーグで試行してきた4-3-3。3枚で構成する中盤は、アンカーが京都サンガで昨年活躍したアンドレイ・ジロット、右インサイドハーフが15年にアビスパ福岡でプレーしたモイゼス・リベイロと、2人の元Jリーガーが先発を飾った。
 
 この布陣を使う意図についてヴァグネル・マンシーニ監督に尋ねると、「中盤で激しいプレスをかけて主導権を握り、両サイドを突破してゴールを狙うため」と説明してくれた。
 
「事故で亡くなった選手たちは、誰もがこのピッチに立つことを夢見ていたはず。クラブに命を捧げた彼らのためにも、絶対に負けられない」

 試合前にそう意気込みを語ったのは、主将を務めるGKのアルトゥール・モラエスだ。その言葉通り、強い気持ちでピッチに立ったシャペコエンセのイレブンが、序盤から中盤の攻防で優位に立つ。
 
 33分には、角度がほとんどない右サイドからのFKを左SBレイナウドが直接決めて先制。69分には右からのクロスをMFルイス・アントニオがダイレクトで叩き込み加点した。78分にCKから失点し、その後もスリアの猛攻に苦しめられたものの、身体を張って最後の一線だけは越えさせない。

 このまま2-1で主審が試合終了の笛を吹いた瞬間、多くの選手は疲労困憊した様子でピッチに横たわった。何人かは飛び出してきたコーチングスタッフと抱き合って、飛び跳ねている。まるで優勝したかのような騒ぎだった。
 
 多忙を極めるシャペコエンセ一行は、ベネズエラから再び飛行機を乗り継いで帰国。長時間移動を含めて中3日の3月11日、今度はサンタカタリーナ州リーグの第2ステージ初戦に臨んだ。
 
 10チームが参加する州リーグは1回総当たりの第1ステージと第2ステージが行なわれ、それぞれの覇者がホーム&アウェーの優勝決定戦を戦う。王者として臨んでいるシャペコエンセは、第1ステージが宿敵アバイに次ぐ2位だった。