「雷レーダー」

ヤフー株式会社は7日、同社が運営する天気情報アプリ「Yahoo!天気」(ios/Android)において、落雷の可能性や激しさ、直前に発生した雷を地図上に表示する新機能「雷レーダー」の提供を開始すると発表した。

本機能は、雷の情報に特化した「雷レーダー」。地図上で最大1時間先までの落雷の可能性やその激しさについて、10分刻みで4段階(可能性 あり、可能性 高、やや激しい、激しい)の色の濃度で確認できる。また、直前10分間に発生した雷を最大1時間前まで遡って地図上に表示できる。

8月は気象官署から報告があった落雷害(2005〜2011年の932件)のうち、約30%が集中する落雷多発月間。夏にゴルフや砂浜などでレジャーする人も多く、落雷の危険性は他の月よりも高くなっている。

最大6時間先の雨雲の動きがわかる「雨雲レーダー」や、雨雲が接近したタイミングでお知らせする「プッシュ通知機能」などと組み合わせれば、夏を安全に楽しく過ごすことができる。

発表資料
URL:https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2017/08/07a/
2017/08/08