ソル・ギョング&キム・ナムギル&AOA ソリョン出演「殺人者の記憶法」予告編第1弾を公開(動画あり)

写真拡大 (全2枚)

強烈な犯罪スリラーの誕生を知らせている「殺人者の記憶法」が、連続殺人犯の混乱を表した予告編第1弾を電撃公開する。

アルツハイマーになって引退した連続殺人犯が、新しい殺人犯の登場によって、忘れていた殺人の習慣が蘇って繰り広げられる犯罪スリラー「殺人者の記憶法」が、記憶と死闘を繰り広げる連続殺人犯の混乱を表した予告編第1弾を公開する。

自身の過去が隠されている竹の森で道に迷ったビョンスは、家に帰る道でテジュという謎の男に出くわす。初めての出会いに、ビョンスは本能的に彼が自身と同じ殺人者であることを直感的に感じ、2人の間に張り詰めた緊張感が漂う。

その後、ビョンスのそばをうろうろしながら彼の殺人習慣を刺激するテジュ。ビョンスは最近起こる連続殺人の犯人をテジュだと確信するが、古い友人や娘すらも自身を殺人犯に疑うような状況になり、混乱は極端に高まる。「疑え、あいつと僕の記憶を」というキャッチコピーのように、謎の男テジュも、ビョンス自身の記憶も信じられなくなった最悪の状況は、果たして何が真実なのか紛らわしくする。

好奇心をくすぐる淀みない展開が際立つ予告編は、現実と妄想の間で紛らわしい感情を巧みに表現したソル・ギョング、善と悪の境界を行き来しながら本心が分からないキャラクターを完璧にこなしたキム・ナムギル、父親を疑うしかない複雑な心境を描いたAOAのソリョン、連続殺人犯を追跡する鋭い眼差しで緊張感を与えたオ・ダルスなど、俳優陣の爆発的な演技やイメージチェンジまで加えられ、映画に対する期待をさらに高めている。

サスペンス要素たっぷりのストーリーや俳優陣の変身が期待される映画「殺人者の記憶法」は韓国で9月に公開される。