オバマ政権のライチョウ保護計画見直し 米国当局が石油開発優先で

ざっくり言うと

  • 米内務省は7日、オバマ前政権のライチョウ保護計画の見直しに入った
  • 種を保存すると同時に、生息地である西部各州の石油開発の機会拡大を目指す
  • 石油業界に追い風となる一方、環境保護団体にとっては痛手となる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング