画像提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『Apple Payで払うとき暗証番号を求められました!?』という質問に答えます。

***

事前に登録したクレジットカード/プリペイドカードを利用し、内蔵のFeliCaチップにより非接触型決済を行う「Apple Pay」。小額決済の手段として、ここ日本でも多くのiPhone 7/7 Plusユーザに利用されています。

そのApple Payですが、カード発行会社/電子決済サービス会社による金額面での制約があります。たとえばQUICPayの場合、利用上限金額はカードおよび利用店舗によって異なるものの、2万円を超える金額の決済はQUICPay+(QUICPayの機能を拡張したサービス)に対応した店舗に限定されています。iDは加盟店が限度額を設定でき、それを超えた場合はユーザに暗証番号を求めることができます。

暗証番号を求められたということですが、5千円・1万円を超える小額とはいえない金額の決済にApple Payを利用したのではないでしょうか? 筆者もアパレルショップで1万円を超える金額の買い物をしたとき(iDを利用)、iPhoneをかざしたあと4桁の暗証番号の入力を求められたことがあります。サイン不要、端末にかざすだけでOKなはずのApple Payなのになぜ? と不思議に感じることは確かですね。

逆にいうと、ある程度の金額と判断した時点で、支払いには最初から現金/クレジットカードを利用すべきかもしれません。小額決済であればほぼ確実にサイン不要・暗証番号の入力不要なわけですから、Apple Payを使う場面は1万円以下の買い物をするとき、などとマイルールを決めておけば突然暗証番号の入力を求められてドキドキ、ということがありません。