佐々木六段(左)に意外な趣味?(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 若い女性ディーラーが頭に「猫耳」をつけ、客はテーブルでポーカーに興じる──そんなお店の“常連”に、藤井聡太四段(15)のプロ棋士デビュー連勝記録をストップした佐々木勇気六段(23)がいるという。

「藤井四段のプロ初黒星の際は、佐々木六段も“スイス・ジュネーブ生まれのイケメン”と注目を集めました」(将棋記者)

 その佐々木六段が、「猫耳カジノにハマっている」と将棋ファンの間で話題になったきっかけは、新宿・歌舞伎町のアミューズメントカジノ「猫遊技場(ネコカジ)」が7月末に開いたポーカー大会の結果をネットに投稿したことだった。

「入賞者が写った画像のなかに佐々木六段がいて、プレイヤー名には『ゆうき』とあった。もともとファンの間では猫好きで知られていた棋士なので、“こういう店に行っているのか”と驚かれています」(同前)

 同店を訪れ、佐々木六段について尋ねると店長が応対し、「お客様の情報はお答えできません」としたが、その上で、「将棋は運の要素はほとんどないのに対し、ポーカーは実力と運の割合が7対3くらい。プロ棋士の方でも、将棋とは違った楽しみを見出していただけるのではないか」と話した。

 7月末に開催された大会は同店でも最大規模のものでエントリー数は86あった。常連客はこういう。

「佐々木六段がお店に来はじめたのは、2〜3か月前くらい。入賞するには相当の実力が必要ですが、やはりトップ棋士は頭の出来が違いますね」

 ポーカー大会翌々日の叡王戦予選では佐々木六段は敗れたが、“頭を使うゲーム”を嗜むプロ棋士は多く、羽生善治三冠のチェスの腕前は全国トップクラス、森内俊之九段(18世名人有資格者)はバックギャモンの世界大会で入賞経験がある。16歳でプロデビューし将来を嘱望される佐々木六段は、偉大な先達に倣った“気分転換”で、藤井四段より先のタイトル獲得を目指す。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号