【ソウル聯合ニュース】米調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)は8日、韓国のサムスン電子が4〜6月期に日本のスマートフォン(スマホ)市場で70万台を販売し、8.8%のシェアを記録したと伝えた。6月上旬にNTTドコモとauから発売された最新の旗艦機種「ギャラクシーS8」シリーズが売れ、アップルの41.3%(330万台)、ソニーの16.3%(130万台)に続くシェア3位につけた。

 サムスン電子は2013年半ばには日本のスマホ市場で10%を超えるシェアを握っていたが、アップルや日本ブランドに押され14年は5.6%、15年は4.3%、16年は3.4%と下落。順位もアップル、ソニー、富士通、シャープに続く5位にとどまっていた。
 一方、サムスン電子は4〜6月期に世界スマホ市場でシェア1位を守り、北米市場でもアップルから首位を奪還した。