学生の窓口編集部

写真拡大

多くの大学生が経験するアルバイト、お金を稼ぐ以外にも大切な経験を積むことができます。しかし、なかにはアルバイトの経験がないまま社会人になる人もいるでしょう。大学時代のアルバイトは、やはり社会人になる前に経験すべきなのでしょうか? そして経験すべき理由は? 社会人のみなさんに意見を聞いてみました。

■大学時代にアルバイトは経験すべきだと思いますか?

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

はい 157人(52.9%)
いいえ 140人(47.1%)

約半数の人が「大学時代にアルバイトを経験しておくべき」と答える結果に。続いて「経験しておくべき」と答えた人のみに絞って、なぜそう思うのか理由を聞いてみました。

■そう思う一番の理由を教えてください。

第1位「社会経験ができるから」42人(26.6%)
第2位「社会人としてのマナーが身に着くから」39人(24.7%)
第3位「仕事の経験が身につくから」26人(16.5%)
第3位「将来の仕事に生かすことができるから」26人(16.5%)
第5位「お金を稼ぐことができるから」10人(6.3%)

●第1位「社会経験ができるから」

・学生の友達だけでなく社会人と触れ合う機会ができ、仕事の仕組みが少しでも理解できる部分があると思うから(男性/35歳/食品・飲料)
・社会人の人たちと関わることによって多くのことを学べると思うから(男性/50歳以上/団体・公益法人・官公庁)
・時間の余裕のあるときにさまざまな経験をするべきだから(男性/38歳/その他)
・仕事をしてお金を得る大変さを知ることができていい(女性/38歳/食品・飲料)

●第2位「社会人としてのマナーが身に着くから」

・仕事をしてみないとわからないマナーがたくさんあるから(女性/28歳/その他)
・接客業でマナーやコミュニケーションスキルが磨かれたから(男性/38歳/金属・鉄鋼・化学)
・社会人としての振る舞いがわかる(女性/43歳/その他)
・礼儀作法が身につく(男性/39歳/機械・精密機器)

●第3位「仕事の経験が身につくから」

・仕事に少しずつ慣れておいたほうがいい。学生から社会人への切り替えがしやすいと思う(女性/34歳/ソフトウェア)
・直接、関わりのある仕事に就かなくても、人としての立ち居振舞いは身に付くから(男性/44歳/運輸・倉庫)
・お客様とのコミュニケーションなど生かせると思う(女性/34歳/不動産)
・仕事に携わることで社会人としての能力が高まるから(男性/38歳/金融・証券

●第3位「将来の仕事に生かすことができるから」

・自分がどんな仕事に向いているかを考えられるし、場合によっては社員登用もあるから(男性/28歳/その他)
・仕事選びの勉強になるので(男性/45歳/小売店)
・コミュニケーション能力がつく(男性/30歳/医療・福祉)
・社会人としての責任感などを学ぶことができるから(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)

●第5位「お金を稼ぐことができるから」

・生活費の一部を稼ぐ手段として必要(男性/50歳以上/ソフトウェア)
・自分の遊び代くらいは稼いだほうがいいと思うから(男性/28歳/農林・水産)
・仕送りだけでは生活できない(女性/50歳以上/その他)
・とりあえずお金は大事(男性/50歳以上/印刷・紙パルプ)

学生のうちに、アルバイトをして社会経験をしておいたほうがいいという意見が多かったです。仕事を通してさまざまなことを学べること、社会人との交流を持つことの大切さを挙げる人がほとんどでした。

いかがでしたか? 社会に出る準備として、大学生のときにアルバイトをしておくことはよい経験になるみたいですね。まだ挑戦したことがないという人は、学業の妨げにならない程度にアルバイトを経験しておいてはいかがでしょうか?

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年6月〜7月
調査人数:社会人男女298人(男性154人、女性144人)