日本テレビ系列で8月26・27日に放送される「24時間テレビ 愛は地球を救う 告白〜勇気を出して伝えよう〜」で、タレントのヒロミが、銚子電鉄 本銚子駅を番組オンエア中にリフォームします。

1923(大正12)年に開業し、ことしで94歳の本銚子駅は、1日平均乗車人員119人(2013年実績)。利用者数も年々減少し、1面1線のホーム上にある木造駅舎も、トタン屋根がはがれ落ち、ベンチはダンボールを敷いてしのぐ状態。

地元の小学生たちからは「電気つけて」「クーラーがほしい」「時計もない」といったオーダーが殺到。ヒロミは、「そんなにたくさんできないかも」といいながらも「やりましょう」と快諾。オンエア中に駅の“改良工事”に挑みます。

放送時間内という制限付きのリフォームに不安の表情も見せるヒロミ。苦笑いしながら銚子電鉄幹部などに「やりますけど、本銚子駅だけにしてくださいね」とも伝えていました。