【REPORT】東出昌大、映画「息もできない」トークショーに登場!ヤン・イクチュンとの初対面に大興奮

写真拡大 (全5枚)

2009年の作品発表時、世界の国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝き、2010年の日本公開時にも大きな話題を呼んだ「息もできない」。7月19日に9周年を迎えた新宿ピカデリーにて、この伝説の映画「息もできない」の三夜限定(8/7、8/8、8/10) 上映&トークショーが開催!

記念すべき第一夜である8月7日には、本作の製作・監督・脚本・編集・主演を務めたヤン・イクチュン監督と「聖の青春」での演技で数々の映画賞を受賞、「あなたのことはそれほど」など主演ドラマの好調も記憶に新しい東出昌大が登場!

かねてより「息もできない」のファンであった東出昌大は、ヤン・イクチュンとの初対面に大興奮!「全シーン全カットに魅了されました。一番好きな韓国映画です!」と熱く語るなど、俳優と監督、また俳優同志として、話が尽きないイベントとなった。

「息もできない」上映後、MCの呼び込みで大きな拍手の中、ヤン・イクチュン監督、東出昌広が登場。このイベントにあわせて来日したヤン・イクチュン監督は「このように観に来てくれてありがとうございます。この映画は日本で2010年に公開され、このように観客の皆様にお会いするのは久しぶりです。そして撮影したのが2007年なので、10歳年をとりました。スミマセン」と日本語を交えて挨拶。

続いて東出昌大は「今日は新宿駅前で台風中継がやっているくらいの悪天候の中、足を運んでいただきありがとうございました。素晴らしい映画を観た後なので皆さん余韻に浸りたいところだと思いますが、僕もヤン監督とお会いできる機会がなかなかなかったので、今日はいちファンとして掘り下げてお話できればと思います!」と挨拶し、トークがスタート。

MC:まず東出さんは、本作のどんなところに魅了されたのですか?

東出昌大:そうですね。全シーン、全カット素晴らしくて、普段から韓国映画を拝見していますが、一番好きな韓国映画です! しゃべりにきたんだけどしゃべれなくなってしまうというか、どこから突っ込んでいいかわからないくらい素晴らしいです。(ヤン監督が自ら資金を集めて実現した映画ということには) 想像が及ばないです。

ヤン監督:そんな風に言っていただけて、本当に感謝しています。この映画のシナリオを描いたのが2006年、自分でシナリオを描いて、演技もして、撮影もして、演出もしたということが今となっては夢のようなことで現実味がなかったのですが、東出さんや観客の皆さんにお会いして実感がわいてきました。今日東出さんに会えるということで、「桐島、部活やめるってよ」を拝見しました。俳優や監督にとっては初期の頃の作品が大事だと思って。東出さんは、演技をするときに何かあえて表現しようというのではなく、無表情の中にも重みを感じられて、そんな演技が印象的でした。私もあと身長が10cm高ければ東出さんのようにかっこよく表現できるんじゃないかな、と思うんですが、僕の場合は本当に苦労しなければなりません(笑)。

東出昌大:この脚本はどうやって書かれたのですか?

ヤン監督:まず、真っ先に書いたのがオープニングのシーン。蛍光灯で殴って、自分が助けてあげた女性に唾を吐いたりする場面です。これは福岡のある人工の湖があるところで書いたんです。当時、短編映画の演出をしている友人が福岡にいて、そこに出演してほしいと依頼されて10日間くらい滞在しました。撮影の合間、3日間くらい時間があるときに街を歩いていたら、おじいさんが釣りをしていて、そのそばでは鶴が飛んでいたりとすごく平和な光景を見ました。そんな中でどうして自分があんな暴力的な場面が思い浮かんだのかはわかりませんが(笑)。韓国へ戻って、インディーズ映画を紹介する番組MCをやったり、演技の講師の仕事をする中で、なんだかすべてが面倒になってしまって、仕事を辞める理由として“シナリオを書く”と(笑)。でも実際にこのシナリオが自分の心にスッと入ってくることがあって、オープニングシーンを膨らませ2ヶ月半かけてシナリオを仕上げました。私は実際に目にしたり、経験したことを書き連ねていきます。私が幼かった時代は、全斗煥や盧泰愚といった暴力的な大統領がいた時代で、その当時の暴力というのは家族にまで影響を及ぼし、暴力に影響を受けた社会が存在していました。もどかしい状況で、無意識のうちにそれを解消したいという思いがありました。演技ではそれを解放することができず、何かほかの方法でそのもどかしさを解放したい、その思いがシナリオや演出となって解消することになりました。