「彼こそプロ」ウォルコット、同点弾挙げたコラシナツを称賛

写真拡大

 アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコットが、今夏シャルケから同クラブへ加入したボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツを称賛した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 8月6日に行われたFAコミュニティシールドでFAカップ王者のアーセナルとプレミアリーグ王者のチェルシーが対戦した。今月11日に開幕を迎える17−18シーズンのプレミアリーグに勢いをつけたい両チームだが、PK戦の末アーセナルが勝利。今夏同クラブへの加入を果たしたコラシナツは劇的な同点弾を挙げる活躍を披露していた。

 ウォルコットは、コラシナツのプレミアリーグでの活躍を確信しているようだ。まずコラシナツについて「信じられないほど素晴らしい選手だ」と語ると、「正直言って、彼は動物だね」冗談を混じえてコメントし、続けて「彼を毎日ジムで見るし、彼は正しい食べ物を食べている。彼は自分自身をよく見ているよ。彼こそプロだね」と言及。まずウォルコットは同選手のプロとしてのあり方を称賛した。

 そして「彼がボールを持っている時、みんな彼のパワーを見れると思うよ。彼のプレーはとても美しいし、彼はチームの大きな助けになる。プレミアリーグには既に完全にフィットしているし、もう完璧だね。このリーグは最高のリーグの1つで、彼はそのリーグで最高の選手の一人になれると思う」とコメント。同選手を誉めちぎった。

 11日のプレミアリーグ開幕戦でアーセナルはホームで日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターと対戦する。