(c)TBS

写真拡大 (全3枚)

 15日23時から、『「NEWS23」特別企画 綾瀬はるか「戦争」を聞く〜地図から消された秘密の島〜』(TBS系列)が放送される。

 終戦の日である同日。2010年から放送されている同企画だが、今年、綾瀬はるかが取材したのは、"うさぎ島" として国内外から観光客が大勢訪れる広島県の大久野島。700羽ものうさぎが放し飼いにされている同島では、かつて日本軍によって毒ガスが製造されていた。広島に残る「もうひとつの戦争の爪痕」とも言えるこの場所を取材し、島で毒ガスを作った人々の苦しみと平和への思いを伝える。

 戦時中、大久野島は「秘密の島」だった。島での作業は口外厳禁。地図からもその存在は消されていた。劣悪な環境のもと作業に従事した人々は、時に毒ガスを吸い込みながら毒ガスの製造に励んだ。お国のため、戦争に勝つため、正しいことをしていると信じて――。悲劇が起きるのは戦争が終わってしばらくしてからのこと。毒ガスを吸い込んだ作業員たちは次々と病気になったのだ。

 「自分たちは毒ガス島の被害者だ」。今もその苦しみは終わっていない。一方で、大久野島で製造された毒ガスが、日中戦争で実際に使われていたことを知り、自分たちは『加害者』でもあったことに気がつく。戦後70年以上を経ても癒えない傷、そして平和への思いに、綾瀬はるかが迫る。普段より30分延長して放送される『「NEWS23」特別企画 綾瀬はるか「戦争」を聞く〜地図から消された秘密の島〜』はTBS系列にて15日23時から放送。