穂積絵莉/加藤未唯は1回戦でダブロウスキー/オスタペンコに敗退 [ロジャーズ・カップ]

写真拡大

「ロジャーズ・カップ」(WTAプレミア5/カナダ・トロント/8月7〜13日/賞金総額273万5139ドル/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)/加藤未唯(佐川印刷)はガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)に5-7 3-6で敗れた。試合時間は1時間9分。

 今シーズンの穂積/加藤は、1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で日本人ペアとして史上初の4強入り。5月には岐阜(ITF8万ドル/ハードコート)とローマ(ITF2.5万ドル/クレーコート)でタイトルを獲得していた。

 ふたりはシングルスの予選に出場していたが、ともに初戦で敗退。穂積が第20シードの土居美咲(ミキハウス)に6-7(4) 6-7(4)で、加藤は第2シードのイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)に3-6 4-6で敗れていた。

 ダブロウスキー/オスタペンコは2回戦で、第7シードのアシュリー・バーティ/ケーシー・デラクア(ともにオーストラリア)とユリア・ゲルゲス(ドイツ)/オルガ・サブチュク(ウクライナ)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ロジャーズ・カップ」(カナダ・トロント)のダブルス1回戦で敗れた穂積絵莉(右)/加藤未唯(全仏オープンでのもの)