「青春飛躍」日本中国交流イベント2017が6日、神奈川県三浦市の市民ホールで開催され、日中両国の子どもたちや教師、保護者が同交流イベントに参加した。

写真拡大

「青春飛躍」日本中国交流イベント2017が6日、神奈川県三浦市の市民ホールで開催され、日中両国の子どもたちや教師、保護者が同交流イベントに参加し、三浦市の星野拓吉副市長、中国国際貿易促進委員会駐日本代表処の鞠文永代表、日中国際交流センターの崔里田副理事長などが挨拶を述べた。人民網が伝えた。

【その他の写真】

星野副市長は挨拶の中で、「三浦市はマグロ漁が有名な漁港であり、大海原に囲まれた観光都市。フランスの『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では三浦市の城カ島の太平洋が一望できる美しい景色が評価され、二つ星として掲載された。また、日中両国の子どもたちが今回のイベントのパフォーマンスを通じて、互いに交流し、その友誼をさらに深めてほしい」と語った。

鞠代表は挨拶の中で、「中国と日本は隣国同士であり、切り離すことのできない関係。今年はちょうど中日国交正常化45周年、来年は中日平和友好条約締結40周年で、今回のイベント開催の意義は非常に大きい。今回のイベントを通して、中日両国の青少年と両国の各分野における友好が促進されることを信じている」と語った。

崔副理事長は、挨拶の中で、「今回のイベントは三浦市と関連機関により開催された青少年交流イベントで、両国民の相互理解を促進させ、友誼を深めるために非常に意義がある。みなさんには両国の青少年の友誼に関する今回の美談を中国でも広めてほしい」と語った。

同イベントでは、日中両国の子どもたちによるダンスやけん玉などのプログラムや華やかなパフォーマンスが披露され、大変な盛り上がりを見せた。その後は和やかなムードの中、折り紙やけん玉を使った交流プログラムが行われ、さらに、マグロの解体ショーでは大きな拍手が会場を包んだ。

同イベント終了後に行われた人民網の取材に対し、星野副市長は三浦市の見所や特色について、「三浦市には大海原と緑豊かな森などの自然風景があり、チャッキラコ(女性がチャッキラコと呼ばれる道具を使って踊りを披露する小正月の伝統行事)はユネスコ無形文化遺産『代表一覧表』に登録されているほか、大漁で寄港する際に掲げる大漁旗を染める技法の体験もできる」と紹介した。また、外国人観光客の誘致を目的に行っている三浦市の施策について、星野副市長は、「現在、中国人観光客を含む多くの外国人観光客が三浦市を訪れているため、観光地の案内板には中国語を新たに加え、観光案内所を設置し、今後は中国人観光客への案内サービス強化を進めていく」とした。

さらに、今回のイベントについて、星野副市長は、「今回のイベントは三浦市と中国が共同で開催した最大規模の交流イベントとなった。中国の子どもたちはとてもかわいらしく、どんなことにも非常に真面目に取り組んでいた」とし、最後に、「三浦市と中国の民間交流のチャンスはこれまで少なかったので、今回のイベントをきっかけに、より多くの中国人が三浦市に訪れてほしい。三浦市は小さい都市だが、東京にも近い。中国と日本の子どもたちを通して、日中両国が互いに交流を深められることを願っている」と締めくくった。

今回の交流イベントは「青春飛躍」国際青少年芸術交流イベントの一環として、青少年の学習面における視野の拡大、能力の向上、グローバル化への適応を目的としている。また、中華民族の優秀な伝統文化を継承・発揚すると同時に、世界の各民族が作り上げてきた素晴らしい成果を語り継ぎ、文化交流の使者になるという目的もある。(提供/人民網日本語版・編集YK)