【詳細】他の写真はこちら

2015年に女児を出産したあびる優(31)のビキニ姿がエロかっこいい、と話題になっている。独身時代と変わらないギャルっぽい美貌と美しいボディ。妻同様に肉体美溢れるイケメン夫。時折登場する愛娘の癒やし効果も相俟って、ハマるママ続出中のあびる優公式インスタグラムに注目してみた。

■脚の長さはモデル並!



2017年7月22日にアップされたのは、水玉の小さめビキニでプールサイドに横たわった1枚。海外セレブのようなかっこ良さで、小麦色のマーメイドといった雰囲気。特にツルリとした美脚の長さは驚異的だ!お腹もみごとに引き締まっているが、「去年の自分よりむっちりボディ」というコメントが添えられており、産後1年目はもっと痩せていたとのこと。現在は「産後太り」どころか、むしろ「いい感じの肉付き」になって色気が増している。



あびる優さん(@yuabiru74)がシェアした投稿 -



肌や髪の色に似合う着こなし



2017年7月14日の投稿では、スレンダーな褐色のボディに、白地に色鮮やかな柄を散らしたミニのキャミワンピを纏い、サックスブルーのピンヒールを素足ではいている。こんがり焼けた肌にオレンジがかった金髪がよく似合う。真夏の太陽が映える「かっこいい女の子」だ。



あびる優さん(@yuabiru74)がシェアした投稿 -



ただ横たわっているだけなのにエロいボディ



2017年7月9日には、イケメン格闘家でもある夫・才賀紀左衛門(28)と水着で横たわる写真も…。2人とも「いい体」すぎて、ただ横になっているだけなのに、目のやり場に困るセクシーさだ。焼けた輝く肌と筋肉は健康的で、汗の粒まで色っぽい。シックスパックがはっきり浮き出た夫と、デコルテが輝く妻は明らかに肉食男女。あびるのインスタグラムには才賀の水着姿も頻繁に掲載されているので、「筋肉」好きの女子は要チェックだ。



あびる優さん(@yuabiru74)がシェアした投稿 -



■夫婦でドレスアップしてデート



そんなあびると才賀の夫婦は、ドレスアップしてデートする姿もお似合いだ。黒のキャミソールドレスにゴールドのピンヒールをあわせたあびる。シンプルな黒ドレスが髪と靴の輝きを際立たせ、パッと目を引く着こなしだ。対する才賀は白のタキシード。精悍な顔立ちとシルバーヘアによく合い、年下夫とは思えない貫禄で愛妻をエスコートしている。



あびる優さん(@yuabiru74)がシェアした投稿 -



一般人?美人すぎるママ友との交友



一見して派手な夫婦は日本で浮いているのではないか? という心配も頭に浮かぶが、ママ友付き合いもしっかりしている様子。2017年6月25日の投稿では、愛娘を真ん中に、あびるに勝るとも劣らない美人ママ友と写真を撮っている。コメントを見る限り芸能人ではなさそうだが、ギャル系のあびると対照的な白肌清楚な美人ママだ。2人ともおそろいの髪型をしてリラックスした微笑みを浮かべており、充実したママライフが垣間見れる。



あびる優さん(@yuabiru74)がシェアした投稿 -



■実はお料理上手なママの一面も



一方、イメージに反して料理好きでも知られるあびる。2017年7月17日の投稿には、娘がキレイに残したおいなりさんの油揚げを再利用してひじきの煮物を作っている。スポーツ選手の妻として、栄養面にも気を使っているようだ。鮮やかな肉食オーラ溢れるあびるのインスタグラムだが、時折登場する愛娘が一服の清涼剤になっている。2017年6月22日の「お腹いっぱい」の変顔や、6月18日の「お庭でプール」の写真を見ると、美味しいものと愛情をたっぷり注がれて育つ娘ちゃんの姿が微笑ましい。2017年6月21日の「おやつ」も、栄養価が高く美味しそうだ。

mamagirlより

■派手なギャルと優しいママの両立



歯科医師と元女優の間に生まれ、恋多き遊び人お嬢様イメージがあったあびる優と、有名な会社を経営する父親を持つお坊ちゃまで、バツイチ子持ちだった才賀紀左衛門。ネットの書き込みを見る限り、そんな似たもの同士が結婚して、どんな親になるのがハラハラしたファンも少なくない。しかし、若い頃やんちゃな生活をしていても、基本的に裕福な家庭で教育にお金をかけられて育ってきた2人なだけあって「食育」や「周囲のサポート」の大切さを意識しながら子育てをしている様子が見て取れる。あびるのインスタグラムには、祖母や母、姉などの家族や、プリスクールと思われる幼児教室のスタッフが登場する。そんな「ママライフ」を眺めていると、周囲のサポートを素直に受け取り、ストレスを軽減しながら子どもを慈しむ器用なママの姿が目に浮かぶ。それが料理を作るモチベーションになっているとしたら、多くの親族や先生に可愛がられながら、美味しいご飯に舌鼓を打つ子どもにとっても理想的な環境だ。「派手な生活」と「娘の子どもらしい幸せ」は両立できる。そんなメッセージが受け取れる、カラッと気持ちのよいママのインスタグラムだ。

外部サイト