鳥居は、航海安全、大漁祈願にもご利益があるとされ、海上から参拝する人のために建てられたとも言われる/伊和都比売神社

写真拡大

瀬戸内海の多島美が広がる赤穂御崎。その赤穂御崎に鎮座する「伊和都比売神社」は、赤穂で最も古い神社で、古くから姫神信仰が盛んで縁結びなどのご利益がある。目の前に瀬戸内海が広がる境内は、赤穂でも一、二を争う絶景スポット。鳥居越しに望む瀬戸内海の大パノラマは古から海と共に栄えてきた赤穂ならではの絶景だ。<※情報は関西ウォーカー(2017年7月18日発売号)より>

【写真を見る】伊和都比売大神をご神体とする赤穂随一の古社/伊和都比売神社

■ 瀬戸内海に向かって立つ鳥居

鳥居は、航海安全、大漁祈願にもご利益があるとされ、海上から参拝する人のために建てられたとも言われる。

伊和都比売大神をご神体とする赤穂随一の古社。1000年あまり前の平安朝の延喜式神名帳にも記載されている。

縁結びなどにご利益のある「姫御守」(500円)。姫の顔は手描きで一つ一つ表情が異なる。

■涼絶景DATA/ベストタイム:日中。境内は自由に参拝できるので、日中のどの時間帯でも海景色が楽しめる。天気の良い日は、真っ青な海が広がる。

■伊和都比売神社<住所:赤穂市御崎2 電話:0791-42-3547 時間:境内自由 休み:なし 料金:参拝無料 駐車場:約30台(無料)>

■ 潮風感じる赤穂御崎を散歩

恋人の聖地に認定される瀬戸内海国立公園の赤穂御崎。遊歩道も整備され、海景色を眺めながら散歩も楽しめる。

小豆島のエンジェルロードのように潮の干満で海の道が現れるたたみ岩。岩の上で愛を誓うと成就すると言われる。

伊和都比売神社から海へと向かうきらきら坂。カフェなどの店も並ぶ。

伊和都比売神社から東へ徒歩20分ほどの赤穂東御崎展望台。

伊和都比売神社境内にある一望の席。絶景が見える特等席。

■ 水産会社の店でカキざんまい!

「かましま」は、カキ養殖の水産会社直営の海鮮処。漁師でもあるオーナーが毎朝海から揚げる新鮮なカキを一年中味わうことができると評判。カキは生食も可能な坂越ブランド。生ガキから焼きガキ、フライまで、極上のカキを満喫できる。

一番人気は「忠臣蔵膳」(1620円)。生ガキ、焼きガキ、フライ、カキの吸い物に、オイスターソースで蒲焼き風にしたカキがたっぷりのオイカバ丼など、まさにカキ尽くし一品だ。

9月ごろまでの期間限定の「生しらす丼」(1080円)。シラスはもちろん瀬戸内産。

漁港の食堂のような店内。

赤穂のメインストリートのお城通りにあるお店。カキ以外にも新鮮な瀬戸内の幸の料理が充実。

■かましま<住所:兵庫県赤穂市加里屋2103-14 電話:0791-56-5050 時間:11:00〜16:00(LO15:30)、木金土は19:00〜22:00ごろも営業 休み:火曜 席数:26席 駐車場:4台(無料)>

■ 忠臣蔵の舞台の城跡を散策!

「赤穂城跡」は、浅野長直の命で1648(慶安元)年から13年の歳月をかけて築かれた歴代赤穂藩主の居城跡。忠臣蔵の舞台としても有名で、大手隅櫓と城壁・大手門・本丸門などが復元。本丸庭園と二之丸庭園は国の名勝にも指定されている。

赤穂のシンボルとしても親しまれる赤穂城跡。大手門周辺には茶屋やみやげ物店などが集まる。

藩主御殿の間取りや庭園が復元されている本丸。

■赤穂城跡<住所:兵庫県赤穂市上仮屋1424-1 電話:0791-43-6962(赤穂市教育委員会生涯学習課) 時間:入場自由 ※本丸庭園、二之丸庭園は9:00〜16:30(最終入園16:00) 休み:なし 料金:入場無料 駐車場:周辺の無料駐車場を利用>

■ 瀬戸内の絶景露天で癒し体験

「絶景露天風呂の宿 銀波荘」は、瀬戸内海随一の絶景と誉れ高い「天海の湯」「岩海の湯」が人気の温泉宿。海上3mの高さにせり出す露天風呂からの海景色はダイナミックのひと言。日帰り入浴も可能で、よみがえりの湯と呼ばれる名湯と絶景が気軽に楽しめる。

海と空に溶け込むように設計された天海の湯。11時〜24時が女湯。

自然の岩壁を生かした岩海の湯。8月3日(木)には小豆島などが一望できる「天空のロビー」も登場。

■絶景露天風呂の宿 銀波荘<住所:兵庫県赤穂市御崎2-86 電話:0791-45-3355 時間:日帰り入浴11:00〜20:00(最終受付19:00) 休み:なし 料金:入浴料(1700円、タオル付き) 駐車場:30台(無料)>

■ 伊和都比売神社モデルコース

赤穂の山、川、そして海景色が楽しめるJR山陽本線。千種川(写真)を越えると坂越駅、そして播州赤穂駅に到着。

【JR山陽本線】大阪駅から新快速・普通で約100分/片道(2270円)

<10時40分>【JR播州赤穂駅】お城通りを南へ。徒歩15分。

<11時>【赤穂城跡】お城通りを北へ。徒歩5分。

<12時>【かましま】JR播州赤穂駅に戻りウエスト神姫バス御崎・かんぽの宿赤穂行約17分、御崎からすぐ。片道(300円)。

<13時>【伊和都比売神社】徒歩すぐ

<14時>【絶景露天風呂の宿 銀波荘】御崎からウエスト神姫バス播州赤穂駅行約21分。終点からすぐ。片道(300円)。

<16時>【JR赤穂線】新快速野洲行で約100分、大阪駅へ。片道(2270円)。【関西ウォーカー編集部】