TBSアナウンサーオフィシャルサイト「アナウンスBoo!!」サイトより

写真拡大

 昨年入社で『Nスタ』などに出演しているTBS・山本恵里伽アナウンサーの長すぎる“夏休み”に、さまざまな臆測が飛び交っている。7月10日から2週間、一切のテレビ出演がなく、不在になっていたのに、局側からも番組からも、なんの説明もないままだったからだ。そこでTBS関係者に話を聞いてみたが、「知らない」とのことだった。

「本当に知らないんですよ。彼女の出演番組担当ではないので、何も聞いてないんですが、でも、夏休みで2週間も休むってことはないと思います」(同)

 山本アナは熊本県出身の元モデルで、明治大学に通いながらBS朝日の番組でキャスターとしてデビュー。昨年TBSに入社し、主に情報番組を担当していた。

 24日になって番組には再び出演したが、この長期休暇については一切触れられないまま。そのため、視聴者からは「何か問題を起こして処分されたのではないか」「鬱病みたいなことでもあったのでは?」という臆測も飛ぶほどだ。

 取材を進めると、山本アナが親しくしているモデル女性の所属事務所の関係者から話が聞けた。

「番組中のロケ先で転んでケガをして、しばらく安静にしていたとのこと。大事には至らなかったようです」

 伝聞であるだけに、これが事実かはわからないが、「転んだ」という話に説得力があるのは、山本アナが運動オンチとみられていること。山本アナは元モデルの美人で、頭の回転も速い才女。一方で、過去の出演ではエクササイズの実演でかなり不器用な動きをしていたことから、ファンの間では「唯一の欠点が運動オンチっぽい」という見方もあったのだ。そのため「転んでケガをした」というのは、いかにも山本アナらしいエピソードにも聞こえる。

 復帰した山本アナを画面で確認したところ、どこかケガをしたところがわかるような場面はなかった。

 本件について一切、情報が出てこないことに、前出関係者は「もし番組中のケガだったら、局側の不祥事でもあるので、誰も大きい声で語りたがらないのでは」と指摘する。

 過去にはフジテレビの菊間千乃アナが、『めざましテレビ』でビル5階から防災器具で降りる体験をしたところ、救命具がきちんと接続されておらず落下。安全マットの上に落ちたが、腰椎圧迫骨折など全治3カ月の重傷を負ったことがある。

「情報番組で女子アナに体験モノをさせると視聴率がいい、という制作サイドの定説がありますからね」(同)

 山本アナが消えた理由はハッキリとはわからないままだが、大きなトラブルではなかったのならひと安心だ。
(文=鈴木雅久)