J1復帰目指す名古屋がDF補強、横浜FMの新井一耀が期限付き加入

写真拡大

 横浜F・マリノスのDF新井一耀が、名古屋グランパスへ期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2018年1月31日まで。8日に両クラブが発表した。

 新井は1993年生まれの23歳。清水商業高校から順天堂大学へ進学し、昨年から横浜FMに所属している。1年目の昨季は公式戦14試合に出場。今季は明治安田生命J1リーグ第20節終了時点で3試合出場、JリーグYBCルヴァンカップでは5試合、天皇杯では1試合に出場していた。

 期限付き移籍にあたり、新井は横浜FMに対して以下のようにメッセージを寄せている。

「名古屋グランパスに期限付き移籍することになりました。成長して帰って来られるように頑張ります。1年半ありがとうございました。そして、引き続き応援よろしくお願いします」

https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/894740423926624256

 そして加入する名古屋には以下のようにメッセージを寄せている。新井の名古屋での背番号は「2」に決定。今季、横浜FMとの公式戦には出場できない旨も併せて発表されている。

「横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入することになりました。J1昇格に向けてチームに少しでも貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」

 名古屋は今季、明治安田生命J2リーグ第26節終了時点で13勝4分け9敗の勝ち点「43」で5位。次節は12日、松本山雅FCをホームに迎える。

https://twitter.com/nge_official/status/894741075960528896