防弾少年団、米NYタイムズ「アメリカ人が愛する音楽」特集にランクイン…アジアンアーティスト唯一の快挙

写真拡大

米ニューヨーク・タイムズが防弾少年団の現地での人気を実感させた。

ニューヨーク・タイムズは7日(現地時間)、「アメリカ人が最も愛する音楽は何か? 50組のファンの詳細マップ(What Music Do Americans Love the Most? 50 Detailed Fan Maps)」という記事を掲載。同記事で防弾少年団が44位に入った。アジア出身アーティストの中で、唯一のランクインだ。

1位はアメリカのヒップホップ歌手フューチャー(Future)、2位はリアーナ(Rihanna)、45位にレディー・ガガ(Lady Gaga)、50位はメタリカ(Metallica)が名を連ねた。

本誌は「K-POPシーンで最も有名なボーイズグループの1組である防弾少年団は、ハワイやカリフォルニアの一部地域で特に人気が高かった。またウィスコンシンの北部地域でも特異なファン層が見られた」と紹介。

防弾少年団は、6月にアメリカの時事週刊誌タイムが選定した「インターネットで最も影響力のある25人」に韓国出身アーティストとしては唯一選定されている。