移籍を控えて大原サッカー場での最後の練習を行った浦和・関根

写真拡大

 ドイツ2部インゴルシュタット移籍が決まっているJ1浦和MF関根貴大(22)が8日、さいたま市大原サッカー場での最後の練習に参加。余韻に浸るように、居残り練習も含めて最後までピッチに残って体を動かした。

 「ここで学んだことは多い。シンプルにもっとチームのために結果を残せればよかった」としんみりした表情で話した。

 9日のアウェー甲府戦が浦和のユニホームを着ての最終戦。「今まで積み上げたもの、成長できたものをしっかり見せたいですし、全力で頑張りたい。自分の力を出してゴールに関わる回数を増やせれば」とあらためて有終の美を誓った。