『氷菓』(読み:ひょうか)11月3日(金)全国公開(c)2017「氷菓」製作委員会配給:KADOKAWA

写真拡大

 映画『氷菓』は11月3日公開。このほど追加キャストとして若手実力派俳優・本郷奏多の出演が発表された。

 同作は、累計220万部突破、ミステリーランキング3冠・米澤穂信による学園ミステリー小説「古典部シリーズ」初の実写化映画。同作で本郷が演じるのは、千反田える(広瀬アリス)の伯父で33年前に起きたある事件の重要人物である関谷純役。

 消息不明の伯父と神山高校古典部に纏わる事件の謎の真実を知りたい…という一身上の都合で古典部に入部した千反田える(広瀬アリス)。5歳のえるが、叔父から、彼がかつて神山高校で籍を置いた古典部に関するとある話を聞かされ号泣した記憶、その日を最後に消息不明になった叔父。その真相に迫った奉太郎(山崎賢人)ら新生古典部は、33年前に発行された古典文集「氷菓」へとたどりつき、神山高校で起こったある事件で関谷純が英雄として学園を去った事実を知る。

 33年間封印され続けた学園の謎――文集「氷菓」に秘められた真実とメッセージとは何なのか?謎が謎を呼ぶ物語の鍵を握るのは、関谷純(本郷奏多)の過去。ミステリアスな役に挑む本郷は同作への出演について、「アニメを観ていて好きな作品だったので、純粋に嬉しかったです。」と喜びのコメント。公開を待つファンに向けては「心地よい世界観の作品になることと思います。是非楽しみにしていてください。」と呼びかけている。なお、このほど本郷の劇中スチールも公開されているのでそちらも注目だ。映画『氷菓』は11月3日全国ロードショー。