韓国国防部=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は8日、日本政府が同日公表した2017年版防衛白書で独島の領有権を主張したことに対し、在韓日本大使館の防衛駐在官を国防部に呼び、強く抗議した。

 国防部によると、同部は日本大使館の防衛駐在官に渡した抗議文で「独島は歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土」としながら、「日本政府は独島に対する無用な主張を即刻中断し、歴史を直視しながら韓日間の未来志向的な成熟した協力パートナー関係の発展に向け努力していかなければならない」と促した。
 さらに「(防衛白書で)不当な領有権の主張を繰り返すことに強力に抗議し、即時の是正措置はもちろん、今後こうした行為をしないよう、厳重に求める」とした。日本政府が2005年以降、同じ主張を繰り返し、韓国政府の強い抗議と是正措置要求を無視しているとしながら、「深い遺憾の意を表明する」と述べた。
 また「韓国国防部は独島領有権を損なわせようとするあらゆる試みに対しても断固として対応し、独島に対するわれわれの主権をしっかり守護していく」と強調した。