トム・ホランドくん雨中の神対応にファン感涙!『スパイダーマン:ホームカミング』レッドカーペット レポ

写真拡大

2017年8月11日(祝・金)に公開の『スパイダーマン:ホームカミング』。

“トムホ” 髪なでつけにファン悶絶!? スパイダーマン レッドカーペット【フォトギャラリー57枚】

プロモーションのために、新生スパイダーマンを演じるトム・ホランドくんと、ジョン・ワッツ監督、そして映画で実際にスタント行ったChris Silcoxさんが初来日しました!

8月7日に新宿・歌舞伎町のシネシティ広場で行われた、大興奮のレッドカーペットの模様をレポートします!

特製スパイダーマン神輿に乗って「本物のスパイダーマン」が登場!

レッドカーペットのはじまりは、なんと特製スパイダーマン神輿に乗った、本物のスパイダーマンが登場しました!

実際に映画でスタントを演じられたというChris Silcoxさんのスパイダーマンの動きはまさに映画そのもの!

神輿に担がれ、レッドカーペットを練り歩きながらスパイダーマンは、ポーズを決めたり、うちわを持ったり、セルカ棒を使ってファンとの撮影をするなど、とってもチャーミングな動きで会場を盛り上げてくれました。

突然の雨にも神対応! トムと監督の優しさに感動

神輿がステージに到着し、スパイダーマンがポーズを決めると、一瞬にしてトム・ホランドくんに早変わり!

「はじめまして、トム・ホランドです」と日本語で挨拶をしてくれました。

そして「ボスを紹介するよ」というトムの声に、『スパイダーマン:ホームカミング』の監督であるジョン・ワッツさんがステージに登場しました。

壇上で挨拶を済まし、お二人がレッドカーペットに降りて取材を受け、ファンと交流していると、突然の雨!

ステージに戻って来たトムは、「こんな雨の中立って居てくれてありがとう。君たちは本当にスーパーなファンだね! 」と雨に濡れるファンに声をかけました。

そしてなんと、「僕たちも濡れるよ! 」とトムが言うと、ステージ上の屋根のない部分まで飛び出して、本当に雨に濡れながら、集まった大勢のファンに向かって、拳を高く突き上げました。

服も髪もびしょ濡れなのに、ちっとも嫌な顔を見せずに、ファンを思いやるトムと監督の神対応にただただ感動しました!

ハッピに和太鼓!? 日本独特の色に染まったトムがかわいい!

インタビューで、「日本ではトム・ホランドさんは『トムホ』と呼ばれることは知っていますか?」との質問に「知ってたよ」と答えるトム。

ファンから「トムホー! 」と声をかけられると、「うん、それ好きだな」とにっこり。

その後、スパイダーマンと同じく、10代で活躍する和太鼓奏者の女の子に和太鼓をレクチャーしてもらい、はじめての和太鼓演奏に挑戦するトムと監督。

お手本を見せてもらったあと、「近くにいて見守っていてね」と奏者の子にお願いするトムがかわいかったです。

しかし、さすがのトム・ホランド! 構え方も打ち方もはじめてとは思えないくらい力強く、様になっていました。

ジョン・ワッツ監督は、ちょっと苦手そうでかわいかったです。

太鼓を叩き終わるとトムは、ぺこりとお辞儀をしたあとに「ねえみんな、僕上手にできてた? 」とファンに問いかけ、大喝采を浴びていました。

最後に、まだ回れていないファンのところに行きたい、とトムと監督が申し出ると、強まった雨の中傘を差し出すスタッフを気にも留めず、トムはファンの元へ一直線!

最後までファンを一番に考えるトムは、スパイダースーツを着ていなくても、本当にヒーローのようでした。

『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日(祝・金)に公開です!

この夏、最高に爽やかで若々しい、とってもキュートなトム・ホランドくんの活躍を見逃さないで!

■『スパイダーマン:ホームカミング』

2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)

キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.