© 2017 Google Inc.

YouTubeアプリ内で動画の共有とトークができる新機能が搭載されました。この機能は今日から順次搭載ということで、遅くても数日中には全ユーザーに対応する予定とのこと。

さっそく、YouTubeアプリ内で動画の共有やトークをする方法をご紹介します。

アプリで動画を共有する方法

まずは、YouTubeアプリ内に連絡先を登録する必要があります。アプリの【アクティビティ】をタップ。右上にある【連絡先を表示】をタップしましょう。

この表示がない場合はまだ搭載されていない状態なので、少し時間をおいて試してみてください。


次に、「候補」の中から追加や、「招待リンクを送信」「電話帳から探す」の方法を選択しましょう。今回は「招待リンクを送信」を使って連絡先を追加します。


表示されたURLをコピーし、連絡先に追加したい人にメールなどで送信します。相手が承認すると、トーク画面が作成されます。


共有したい動画を開き【共有】をタップします。

すると、ユーザーが表示されるようになっているので、共有したいユーザーをタップしましょう。


コメントをつけて送ることもできます。コメント入力欄の右にある紙飛行機をタップすれば送信完了です。


共有を受け取った人はアクティビティのところに赤バッチがつきます。

開くと届いた動画やメッセージを確認でき、返信を書き込むこともできますよ。


これまで、YouTubeの動画を共有するにはURLをメールで送ったり、LINEで共有するなど他のアプリを使わなければいけませんでした。それが、今回の新機能でYouTubeアプリ内で完結できるようになったというわけです。

連絡先を追加する作業がちょっと手間に感じますが、新しい連絡手段として使ってみてもいいんじゃないでしょうか。