シン・ウンス、日本アニメ原作の映画「人狼 JIN-ROH」への出演を確定…カン・ドンウォン&ハン・ヒョジュらと共演

写真拡大

俳優シン・ウンスが、キム・ジウン監督の新作映画「人狼 JIN-ROH」に合流する。

映画「人狼 JIN-ROH」は近い未来に、韓国と北朝鮮が7年の準備期間を経る統一を宣布する中、反統一武装テロ団体「セクト」と、これに対応するための新しい警察組織である特殊機甲大隊、また統一政策に反対する強力な権力機関である公安部の間で巻き起こる、息の詰まる暗闘と激突を描いた映画である。「密偵」「悪魔を見た」「グッド・バッド・ウィアード」などの演出を手掛けた、キム・ジウン監督の次期作として企画段階から注目を浴びた。

そしてカン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソンなどが出演を決め、関心を集めた。

2016年の映画「隠された時間」(監督:オム・テファ) でデビューしたシン・ウンスは、今作品では反統一テロ団体である「セクト」のメンバー、赤帽子の少女役を演じる。

映画「人狼 JIN-ROH」の関係者は「シン・ウンスが劇的な面白さを加える」と明らかにした。

デビューと同時にスポットライトを浴びたシン・ウンスは、映画「隠された時間」の後、日本映画界の巨匠岩井俊二監督が演出した、ネット配信ムービー「チャンオクの手紙」とSBSドラマ「青い海の伝説」に出演し、しっかりとしたフィルモグラフィーを積んでいる。

映画「人狼 JIN-ROH」はキャスティングを終え、今月中に撮影に突入する。