【食レポ】ローソン「宇治抹茶とほうじ茶の和ぱふぇ」

写真拡大

辻利一本店の宇治抹茶とほうじ茶を使用した、「宇治抹茶とほうじ茶の和ぱふぇ」(295円/税込み)が、ローソンから8月1日に新発売されました。抹茶とほうじ茶の二種類のお茶の味を楽しめる“和ぱふぇ”、早速食べてみました。

蓋を開けてると、大き目にカットされたゼリーと白玉、鮮やかな緑色の抹茶ソースがかかった抹茶ムース、そして、つぶつぶのあんこ。見た目にも盛りだくさんで“ぱふぇ”への期待が高まります。

まずは、抹茶もちダイスゼリーをぱくり。ほんのり甘い抹茶のゼリーはプルプルモチモチ。弾力があるので、わらび餅にも似た感触です。ほうじ茶もちダイスゼリーも触感はもちろんプルプルでモチモチ。ほうじ茶の優しい味が口にふんわり残って和を感じることができます。

スプーンでひとさじすくってみると、抹茶ムースの層の下にスポンジケーキとホイップクリームの層にあたります。抹茶の渋みと苦味のあるムースにやわらかいスポンジ、ふわっと軽いクリーム。層全部を口に入れてハーモニーを楽しんでも、それぞれの味を楽しんでも美味しいです。

一番下には、少し固めで歯ごたえがある寒天ダイス。食感も味も次々に変化していくのが楽しいですね。

おうちでもたっぷりの量のパフェを楽しみたい人に「宇治抹茶とほうじ茶の和ぱふぇ」(291kcal)オススメです。