フランス南部ラマチュエルのビーチを離れた後、ヨットに乗り込むサッカーブラジル代表のネイマール(上、2017年8月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】サッカーブラジル代表のネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)が7日、注目が集まるパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)でのデビュー戦を前に、南仏の保養地サントロペ(Saint-Tropez)で船上パーティーに興じていたことがわかった。AFPのカメラマンが明かした。

 先週に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約288億円)でスペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)からフランス・リーグ1のPSGへ戦いの場を移した25歳のネイマールは、有名人ら御用達の南仏コートダジュール(French Riviera、フレンチリビエラ)のビーチにいる姿を目撃された。

 ビーチで5時間を過ごしたネイマールはその後、友人7人やボディーガードと共に高級ヨットの中へ姿を消した。今週中とされる国際移籍証明書の発行を待っているネイマールは、5日に行われたPSGの今季開幕戦をスタンドから観戦。試合はPSGが2-0でアミアン(Amiens SC)に勝利している。
【翻訳編集】AFPBB News