エリック・マキシム・シュポ=モティン【写真:Getty Images】

写真拡大

 プレミアリーグのストーク・シティは昨季限りでシャルケを退団したカメルーン代表FWエリック・マキシム・シュポ=モティンを獲得したと発表した。契約期間は3年で移籍金は発生しない。

 ストークのトニー・スコールズCEOは「エリックはここ数年間我々のレーダーに入っていた。またここ数年間、獲得を試みていたんだ。彼はプレミアリーグでプレー出来ることに興奮しているよ」とコメントしている。

 28歳のシュポ=モティンは1,89僂搬臺舛覆らスピードを活かしたドリブルが得意なプレーヤーだ。また、これまでシャルケの他にハンブルガーSVや日本代表FW岡崎慎司が在籍していた当時のマインツでもプレーしていた。なお、ブンデスリーガ通算200試合に出場し45得点を挙げている。またカメルーン代表としても43試合に出場するなど経験豊富な選手だ。

 ストークは現地時間12日、プレミアリーグ開幕戦を敵地でエバートンと戦うことが決まっている。

text by 編集部