【北海道meijiカップ】

 2打差3位発進の森田遥(21)が67で回り、逆転でツアー初優勝を遂げた。

「優勝を意識しないで、淡々とプレーできて、スコアを伸ばせた。もっと早く勝てると思っていた。やっと、これまでの自分から抜け出した感じ。これからも納得のいくゴルフがしたい」

 両親は中国人で、ともに元卓球選手。卓球指導のために来日したが、娘には卓球ではなく、9歳の時からゴルフを教えた。

「卓球で活躍しても賞金額が少ないのをよく知っているからでしょう。平野美宇が昨年10月の卓球・女子W杯で史上最年少優勝を遂げた時の賞金は460万円です。日本男子のトップ選手でも年間獲得賞金は1000万円ぐらい。もちろん、そのほかにスポンサー契約金がありますが、賞金だけ比べたらゴルフのほうがはるかに恵まれています。卓球の世界は中国選手が圧倒的に強く、高額賞金を得るのは並大抵のことではありません」(担当記者)

 森田は高校を卒業すると年齢制限で日本のプロテストを受けられず、米下部ツアーに挑戦して1勝している。

 森田の今大会優勝賞金は、卓球選手が1年間かけても手が届かない1620万円。それどころか、日本ツアー2年目で総獲得賞金は8508万円にもなる。

 日本ツアーなら大金を稼ぐことができるとにらんだ森田の両親は、大正解だったわけだ。