ハン・グァンソンがSNSに公開した写真=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】サッカーのイタリア2部リーグ(セリエB)ペルージャは8日(日本時間)、1部リーグ(セリエA)のカリアリから北朝鮮籍のFWハン・グァンソン(19)をレンタル移籍で獲得したと発表した。契約期間は2022年まで。

 ハン・グァンソンについては、「北朝鮮選手では初めてセリエAで得点した」と紹介した。ペルージャは現在、セリエBに降格しているものの、元韓国代表の安貞桓(アン・ジョンファン)や元日本代表の中田英寿らがプレーしたイタリアの名門。
 一方、ハン・グァンソンは交流サイトで、複数の写真とともに、現地での生活の様子を伝えている。
 北朝鮮選手がSNSの個人アカウントを開設することも珍しいが、自己紹介欄には「夢はかなう」と書き込んで注目されている。「夢はかなう」は、2002年の韓日ワールドカップ(W杯)当時、韓国の応援メッセージだった。