子どもを優秀なリーダーにする10の方法

写真拡大

親であれば誰もが自分の子どもの成功を願うだろう。勇敢なリーダーとして、何にでも挑戦できる人間になってほしいと思うのは当然だ。しかし、子どもにリーダーシップの特質を教え込むには多くの実践と忍耐が必要だ。

子どもの潜在能力を最大限に引き出すとはどういう意味かを議論するには、1日がかりでも足りないだろうが、子どもを他から一歩抜きんでた存在に育てる方法として、心理学者が賛同していることは幾つかある。

本記事では手始めとして、次の10個の方法を紹介する。私たちもここから学べることがあるかもしれない。子育てというのは、子と共に親も学んでいくものなのだから。

1. スポーツをさせる

スポーツをすることでリーダーシップに重要なチームワークを学べる、という点には、大半の親が賛同するだろう。しかしワシントン・ポスト紙によれば、70%の子どもが13歳までにスポーツをやめてしまうという。理由はさまざまで、例えば興味の消失、大学進学、スケートボードなどの別のスポーツとの出会いなどがある。

もし途中でやめてしまっても全く問題ない。目的は単に「スポーツをする」ことではなく、身体を使い、チームの一員としてのスキルや役割を学ぶことにあるからだ。

2. 心の知能指数(EQ)を高める

EQとは、どれだけ他人に対して共感や思いやりを示せるかを表すもので、問題解決において重要な要素となる。リーダーに欠かせない資質であることは、恐らく皆さんもご存知だろう。

もし子どものEQレベルを知りたければ、無料でテストを行っているウェブサイトなどを参考にしてもよいだろう。

3. 失敗を受け入れる

これは親にとっては難しいことかもしれない。子どもに最高のものを望むあまり、物事が計画通り進まなかった時のことを考えないことがあるからだ。

スタンフォード大学の心理学者らが行った研究によれば、親が失敗や困難を学びの機会ととらえずに否定的に対処すると、子どもは自分の知性には限界があり成長は不可能だと思うようになってしまうという。失敗しても、健全かつ建設的に対処できるよう、子どもを教育しよう。

4. 健全な金銭感覚を養う

家計管理は、子どもに教えるべき最も重要なことの一つだ。金銭難に直面することは誰にでもある。大切なのはそれにどう対応するかだ。

クレジットスコア(クレジットカード使用歴などを元に計算される信用偏差値)改善サービスを提供する米企業クレジットリペアによれば、親の負債は子育ての仕方や家族の全般的な幸福に悪影響を及ぼしうるという。

5. 外に連れ出す

海外旅行に連れて行かなくても、近くの自然公園に出かけたり、住んでいる町を1日探索したりするだけでいい。

大切なのは、家の外で質の高い時間を子どもと一緒に過ごすことだ。ニューメキシコ州立大学の研究では、時間を取って子どもと一緒に活動する親は、ただ同じ部屋でテレビを観て過ごしている親と比べ、子どもとの感情的な絆が強いことが分かっている。過ごす時間の長さではなく、質が大切だ。

6. 忍耐を教える

忍耐力は上手く教えれば、一生ものの財産となる。釣りや狩りが親子のアクティビティとして人気なのは、「積極的な忍耐」を学べるからだ。待つことが必要な活動をあえて行うことで、素晴らしい聞き手や観察者に必要なスキルを鍛えられる。

7. 創造力を鍛える時間を与える

創造力はリーダーが持ちうる最高のツールの一つ。「創造の筋肉」を鍛えるための機会を子供に与えることは大切だ。

カリフォルニア大学バークレー校グレーターグッド科学センターのクリスティーン・カーター博士は、子供の創造力を鍛えるには、読書をさせたり、家の中に美術品を飾ったりするなど、さまざまな方法があると指摘している。

8. 交渉技術の練習

親が子どもと対等な立場に立つよう教えるのは、ばかげているように思えるかもしれないが、これは実はかなり役に立つコミュニケーションスキルだ。ボンド大学が行った交渉技術の教育に関する研究では、1つの状況をさまざまな違う視点から見ることに着目しながらロールプレーをする方法が効果的だとされている。

9. 先延ばしの危険性を教える

問題を先延ばしにした経験は、ほぼ誰もが一度はあるだろう。しかし、それが習慣になると、自分の可能性を存分に発揮できなくなる恐れがある。

親として、子どもは子どものままでいて欲しいと思うだろうが、必要な時に物事を終わらせるにはどうしたらいいかを教えることは重要だ。

カールトン大学の心理学者、ティム・ピチルは、ユーチューブ上の動画で、先延ばしを減らす方法に関する素晴らしい講義を行っている。

10. 自分が手本となる

親は子どもにとって最も重要な教師だ。あなたが何をしようと、その行動を子どもはまねる。この現象は一生続くため、最良の自分でいることに慣れておくようにしよう。そうすれば子どもに持続的な影響を与えられる。