離岸流で増える水難事故

海水浴のシーズンになると増える水難事故。
その多くが【離岸流(りがんりゅう)】によって沖まで流され死亡するケースです。
離岸流は潮の流れが速く『水泳選手でも流れには逆らえない』と言わるほど恐ろしい潮流です!
そのため愛犬と海水浴に行き、知らずに愛犬を単独で泳がせていると離岸流に流され・・・後は耐え難い悲劇が待っています。
愛犬と一緒に泳いでいると、場合によっては愛犬だけでなく自分自身の命さえ落とす事になるかも知れません。
そんな事にならぬよう、離岸流とはどう言うものなのか知っておくべきです。

離岸流とは

離岸流は【リーフカレント】とも呼ばれ、海岸付近から局地的に沖に向かって流れている速い潮流の事を言います。
この離岸流に巻き込まれると、あっと言う間に沖まで流されてしまいます。
海水は波によって岸まで運ばれるのですが、その際に岸から沖に向かって行く流れもあります。
これが離岸流です。

どうして離岸流は発生するのか?

海岸に向かって強風が吹いる場合、波によって海の水は沖から海岸へと打ち寄せられます。
そうすると、海の水はどんどん岸に貯まって行く事になります。そうなると水は何処かで沖に戻らなくてはなりません。その、岸から沖へ戻ろうとする潮の流れ、いわゆるこれが離岸流なのです!
潮流の幅は10〜30mで、流れの速度は最大で秒速2mくらいだとされていますので、流れに逆らって岸に向かおうと思っても、まず不可能です。

離岸流が発生し易い場所

では、どんな場所で離岸流が発生し易いのでしょうか?
次に離岸流が発生し易い場所をまとめます。

どんな場所で発生し易いのか

海岸が外洋に面している所波が海岸に対して直角に入る場所遠浅であり海岸線が長い所

離岸流を見つけ易い海岸と見つけ難い海岸

潮の流れを読むのは大変難しいとされています。
プロの漁師さんであったりプロの釣り師でないと潮の流れは読めません。ですので『沖に向かって流れているのだ』と言う事を分かっていれば良いと思います。
また、離岸流は見つけ易い海岸と見つけ難い海岸があります。
そこで、離岸流を見つけ易い海岸と見つけ難い海岸を列記しますので参考にして頂ければ幸いです。

離岸流を見つけやすい海岸、

常に波がある地形に変化があるある程度水深があって地形に高低差がある

離岸流を見つけ難い海岸

波が無い場所遠浅で地形の高低差がない地形に変化がない

離岸流によって流された時の対処方法

もし離岸流に巻き込まれたら慌てない事です。
とにかく潮の流れが速いので、流れに逆らうと体力の消耗に繋がり大変危険な状態となります。
ですので岸に平行(流れに対して横に泳ぐ)して泳ぎ、少しでも早く離岸流から脱出する事です。

人間でも脱出時にパニクってしまう場合が多いようです。
ましてや愛犬を単独で泳がせる場合、犬がパニックになるのは眼に見えています。その際、細心の注意を払って愛犬から眼を離さない事です。もちろん愛犬にライフジャケットは必ず装着させて下さい。

それに、愛犬を抱えての脱出は困難を要しますので、水難救助隊員やライフセイバーの知識を習得しておく事が重要です。
また、シーズン中には【犬立入禁止】の規則を設けている海水浴場が結構ありますので、お出かけ前にチェックしておきましょう。

まとめ

離岸流によって毎年死亡する人が増えているようです。
私としましては、出来れば愛犬との海水浴は止めた方が良いと思います。
一般の方は、細心の注意を払っていてもライフセイバーのような海の専門家ではありません。万が一と言う事もあるかも知れません。
愛犬を泳がせたいのでしたら、海ではなく犬も入れるプールをオススメします。

また、どうしても愛犬と海水浴を楽しみたい方は、海水浴場にいるライフセイバーや係員に情報を得て、発生場所での遊泳は絶対に避けるようにして下さい。
沖に流されると、複雑に重なった潮流で何処に流されるか分かりません。場合によっては沖でサメの餌食になってしまう可能性もあります。

愛犬が大事だとお思いでしたら海水浴に同行させない事です。
楽しいはずの海水浴で、大切な愛犬を失ってしまったら生涯後悔する事になります。そうならぬよう、よく考えて行動しましょう。
海水浴場でBBQをして、お肉を食べさせるだけでも愛犬は喜んでくれるはずです。自分が後悔しないようにするのが最良の答えではないでしょうか。
これから『愛犬同行で海水浴を楽しみたい』とお考えの方、やはりある程度の覚悟が必要だと思います。
生死に係わる事ですので戦に行くような気持ちでお出かけ下さい
必ず愛犬と共に生きて帰れますよう、御武運をお祈り申し上げます。