橋本は友人から「ウチの旦那を貸す」と言われたことも…

写真拡大

 7月16日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(53才)が「セックスレスになってからでしょう、本当の夫婦は」と発言。セックスレスに対してネガティブなイメージが蔓延る日本の社会だからこそ、松本の言葉は多くの女性の胸に刺さった。

 セックスレス歴10年という48才のメーカー勤務の女性は「うちは“本当の夫婦”だ」と語る。

「出産を機にレスになりましたが、今でも出かける時は手をつなぎますし、毎朝、行ってらっしゃいのキスもします。セックスがなくても愛し合っていることを毎日実感しています。

 愛し合っていたらセックスするのが当然っていう風潮はおかしいと思う。愛情のないセックスがあるのだから、愛情があってもセックスしない夫婦がいてもおかしくない。だから松ちゃんの意見はなるほどと思いました」

 交際期間から20年以上、1度もセックスに成功したことがない主人公の妻が、“入らない”一方で夫との精神的な結びつきを強くしていくという実話をもとにした13万部のベストセラー『夫のちんぽが入らない』(扶桑社)の著者・こだまさんも松本の意見に賛同する。

「私は“入らない”まま夫婦になったので、最初から“兄妹”みたいな関係です。若い頃は周りと比べて、これでいいのかと不安に思ったこともあったけれど、今は誰に理解されなくても、私たちはこれでバランスが取れているからいいんだ!って思えるんです。

 本当の夫婦になるには、性が絡まない状態になっても相手を変わらず大事にできるか、性別を超えた人間同士として老いていけるかが試されていると思います」

 夫のガダルカナル・タカ(60才)と23年間セックスレスだというフリーアナウンサーの橋本志穂(49才)も、松本の言葉に安堵した1人だ。

「大勢の女性と浮名を流した松本さんですら“本物の夫婦にはセックスは必要ない”と思っていると知って安心しました。20代の頃、私も子供がどうしても欲しかったので、わが家も月に3回セックスする日を決めた時期がありました。

 でも程なくして、夫は義務で妻とセックスし、妻はそれに演技で応えるという内容のドラマ『義務と演技』(TBS系、1996年)を見て、“無理してセックスするもんじゃないな”と思うようになった。

 普段、セックス以外は楽しい毎日を過ごしているのに、セックスのことでけんかするのはバカバカしい。セックスをするより、一緒においしいご飯を食べたり、映画を見たりする方が楽しいっていうことに気がついたんです」

 かくして26才でセックスレス人生を選択してしまった橋本。もちろん23年の間には、離婚を考えたこともあったと言う。

「理由は子供がいないことです。29才のとき、今ならまだ産めるとも思ったし、30代のときにも2度ほど、まだチャンスはあるかもと考えたこともありました。でも40才を過ぎて、再婚も出産も難しくなると、もういいやってなりました」(橋本)

 自身のブログに夫婦のツーショット写真をアップするなど、セックスレス夫婦とは思えないほど仲睦まじい橋本夫妻。だが、橋本は「セックスレスだから仲がいいんだと思いますよ。愛情は時に憎悪に変わったりするから」と笑う。

 愛情が憎悪に変わってしまった代表例が夫・船越英一郎(57才)の浮気を疑い、“暴走”し続ける松居一代(60才)なのかもしれない。

 その一方で『セックスレス そのとき女は』(中央公論新社)などの著書があるフリーライターの亀山早苗さんは、「哲学的に聞こえるけれど…」と渋い表情を浮かべる。

「夫婦関係においてセックスレスはマイナスの部分が多いと思います。セックスは愛情表現の1つなので、行為を含めて相手に触れなくなると、気持ちが離れて行く要因にもなります。

 セックスレス夫婦と一口にいっても、夫、妻、どちらかがしたがっていないのか、どっちもしたがっていないのか、といったコンセンサスをはっきりさせているカップルは少ない。実はどちらかが苦しんでいるというケースもあるんじゃないでしょうか」

 だが、否定派の亀山さんも「お互いが納得した上でのセックスレス」なら、松本が言う通りセックスレスでも本当の夫婦になれるかもしれないと語った。

 女性の性の悩みに日々向かい合う咲江レディスクリニック(産婦人科)の丹羽咲江院長が解説する。

「普段の日常会話などのコミュニケーションの延長上にセックスがあるならメリットは大きい。一方で無理してセックスしたり、義務感で嫌々しているセックスだと心身がボロボロになってしまう女性が多い」

 セックスをするにしても、しないにしても、お互いの気持ちを確認し合うことが重要であることは間違いない。

※女性セブン2017年8月17日号