©Disney 撮影 / つるたま

写真拡大

2017年8月11日(金)19時30分より、ディズニーチャンネルにて日本初放送の「ラプンツェル・ザ・シリーズ」。

【写真10枚】「ラプンツェル・ザ・シリーズ」中川翔子(ラプンツェル役)&畠中洋(ユージーン役)フォトギャラリー

世界中で大ヒットした映画「塔の上のラプンツェル」のその後を描くテレビシリーズとして帰って来た、このラプンツェルの新しい物語について、ラプンツェルの日本語版の吹替を担当した中川翔子さん、ユージーンの吹替を担当した畠中洋さんにお話を伺って来ました!

実は10年前から「しょこたん」の大ファンであった私にとって、このインタビューはまさに夢が叶ったとびっきりの時間でした。

ラプンツェルが好きな人なら、しょこたんのラプンツェル愛にきっと胸が熱くなるはずです!

6年ぶりにラプンツェルとユージンを演じるにあたり、映画とアニメシリーズで一番違うな、と感じたところはありますか?

中川さん:まさか6年後にこうして通ってラプンツェルの声をまた演じられるなんて!

ラプンツェルって、映画を繰り返し見るたびに、自分自身の人生にあたらしい夢をいただけるような。

本当に夢を見つける達人といえばラプンツェル! という感じで、いつも心にラプンツェルがいたんですけれど。

「あたらしい冒険」のタイトルの通り、毎週アフレコをしていると、塔の外に出てから自由になってしまったラプンツェルはもう誰にも止められないなっていうくらい、「このタイミングでそんなこと言うんだ!? 」とか、「えっ? なにやってるのラプンツェル! 」、ってなるような、すごいびっくりするような斬新な冒険で。

ラプンツェルはディズニープリンセスとしてはとても破天荒で、型破りで、常に裸足だったり、アクションもしちゃうし、キスシーンは全部ユージーンを押し倒すし(笑)。

外に出ちゃったラプンツェルは誰も止められないって感じで、楽しすぎましたね。

全部が斬新で新鮮にラプンツェルの目には映ってるから、もう結婚する気がないんじゃないかとも思えるし、自由を楽しむラプンツェルにすごく刺激をいただいています。

畠中さん:そうですね…映画の三倍くらい喋ってますね(笑)。

毎回毎回、すごくいっぱいセリフがあって、ほんとに「こんなに映画でしゃべってたっけ? 」と思って映画を見直したら、映画でも結構喋ってましたね。

それで、どんどんどんどん、チャラくなって来ているな、と。

中川さん:やっぱりそうですよね。

畠中さん:そう、チャラい。

中川さん:浮気が心配。

畠中さん:今日収録した話が、すごいなんか、え?! っていう、カサンドラと、え!? みたいな(笑)。

中川さん:日本のアニメの感覚でいうと、これって恋に落ちるフラグなんじゃないの!? というような場面がいくつかあって…。

大丈夫ですかね、映画の時から怪しいと思ってましたけど。

畠中さん:大丈夫かな…? でも、やっぱり、たぶん幸せなんでしょうね。

ラプンツェルと一緒に暮らせて。

日々有頂天、みたいなところもあるんだと思うんですけど。

ほんとに、よく喋るキャラクターで。

すべてにポジティブで、決断が早いっていうか、悩むっていうことをあまりしないってところが、僕とは真逆の人間なんで(笑)。

あぁこういう人間になれたらいいなと、憧れの気持ちを持ちながら毎回演じています。

塔から出て、れっきとしたプリンセスになったラプンツェルですが、映画よりも今作の方が「等身大の女の子」といった印象を受けたのですが、なにか意識されていたことはありますか?

中川さん:ほんとにディズニーって、永遠であり、6年前の作品と思えないぐらい、地上波で繰り返し放送されていたり。

その時生まれていなかったちびっこたちが、あとでDVDとかいろんな形でラプンツェルを見て、髪型を真似したり、その子の人生に彩りをそえる存在であるラプンツェルの声を、変わらずにずっといなくては、という思いもあるんですけれども。

常に新鮮でいるラプンツェルには、新しく全部を吸収していく好奇心があるから、すごくこっちがリフレッシュされていくような、ラプンツェルに引っ張られているような感じがしますね。

プリンセスになったけど結局裸足だし、普通の人ならやらないであろうこと、武術大会に出たり、街に出ておばさんに変装したりしちゃうし。

人としてもプリンセスとしても、ラプンツェルは変わってます(笑)。

普通の人だったら知ってることや、大人だったらやらないことも、ラプンツェルはやるし、だけどひとりでずっと、考えたり悩んだり、我慢して来たことがあるから、普通の人にはできない心の強さもあるから、どんなキャラクターにも似てないですよね。

毎回台本を見るのが楽しみです。

ラプンツェルは近くにいたら楽しいけど、大変な人だと思います(笑)。

だからこそマキシマスともすぐに仲良くなれちゃったり、新キャラでびっくりするほど意地悪な人が出てくるんですけど、そんな人に会っても、挫けずに、「なんで!? 仲良くしたいから、じゃあこうしようかな!? 」ってサプライズで攻めたり、折れないハートがすごく強くて、かっこよくて、かわいいです。

私自身もラプンツェルがどんどん大好きになっていきます。

6年前の2011年の映画公開当時は、震災の影響で公開が遅れたり、じわじわ口コミで広まったり、当時全然なかったラプンツェルのグッズとかが、今はディズニーストアやコスメのお店にたくさんあって。

どんどんラプンツェルが時を重ねて、輝きを増していって。

そんなラプンツェルを追いかけて、走って、そして一緒に新しい世界を見に行ってる。

まさに冒険のようなアフレコですね。

今回、映画の3Dから2Dになって、全体的にデフォルメされるなどの変化がありますが、気に入っているところはありますか?

中川さん:全部ラプンツェルの好きなもので、世界が、身の回りの景色ができてると思うんですけど。

ラプンツェル自身も、世界観も、ラプンツェルがずっと描いてた絵に似てる気もして、3Dから2Dへの変化って結構大きなものだと思うんですけど、あ、ラプンツェルたちだ! って、すぐに、目に、脳に入ってくる感じが、あったかくて、かわいくて、オシャレですよね。

「ラプンツェル・ザ・シリーズ」のお話の中で、ラプンツェルのことを嫌ってる人と、うまく打ち解けようと、おばさんに変装するんですけど、変だけど品のあるおばさんなんです。

裸足だったり、はちゃめちゃだけど、どこか品のあるところがさすがプリンセスって感じで好きです。

絵を描いているときの感じとか、家具のお姫様ベッドになっているところとか、ラプンツェル自身が本当にちゃんと好きなもので揃えてあるって感じがして、居心地がいい感じがしてます。

畠中さん:実は僕は3Dの時より、2Dのパスカルの方が好きなんですけど。

よく喋って、よく働くし。

今日アフレコした話で、カサンドラに手紙を置いた去り際がすごく好きでしたね、身の丈をわきまえてる感じが。

中川さん:今日収録した話で、カサンドラと間違えて話しかける女性がいるんですけど、その彼女がすっごい顔をしていて。

衝撃の顔面の女性が出て来たんですけど、顔面のインパクトがものすごくて、あの人は誰なんでしょう(笑)。

畠中さん:なんだっけ、フリーボーグだっけ。

中川さん:ディズニー史上で言っても、相当な顔のヤバさ。

畠中さん:フリドボーグだ!

中川さん:フリドボーグ(笑)名前も凄まじいし、おじさんみたいな名前だなと思ったら女性で、スタイルもよくて、でも顔がすごくて。

かわいいだけじゃなくて、なんか変な人がいっぱいでてくるんです。

結局、ラプンツェルのこと嫌いな人ととも、お互い嫌いで終わって(笑)。

畠中さん:そうそうそう、ヤジ飛ばしあって。

中川さん:解決の仕方が、ちょっと日本のアニメと違って、斬新というか、めでだしではない、解決はしてない。

結局ラプンツェルが気にしない! で、終わるっていう。

ラプンツェルの空気読めない感じがドキドキします(笑)。

やれやれって思いながらも、周りも多分ラプンツェルとの関係を楽しんでいると思ってます。

おふたりにとって「ラプンツェル・ザ・シリーズ」は、どんな物語になりますか?

中川さん:誰も見たことない、ラプンツェルという、ものすごくピュアで、強くて、いつも新しいものを全身で味わって、楽しんで。

そんなキラキラしたラプンツェルを誰も止められないし、どんどん自由な世界で暴れてほしいなって。

みんながハラハラしながらわくわくしながら、見てほしいです。

大人になるとどんどん日々の時間に流されたりとか、あああれもやりたいなっていうことを子供の頃よりも見つけるのがむずかしくなったりとか、自分でつい我慢したりしがちですが、ラプンツェルは、ここからどんどん無限の夢を見つけ出すっていう。

そのラプンツェルに刺激を受けて、映画にもあった、街中の人たちの手を取って踊り出して、みんなを巻き込んでみんな笑顔にするシーンのように。

まさにそんな感じで、いろんな不思議な人たちとの出会いがあって、でもそんな不思議な人たちから見るとラプンツェルが一番不思議で(笑)。

ラプンツェルも、「あぁ、そうか、私はこうすればよかったんだ」みたいな、反省して、成長する場面もたくさんあって。

いっぱい新しい夢をまたラプンツェルから教えてもらえるような、人生ごと揺るがされる作品との出会いになって、刺激的で、とても楽しいですね。

お父様お母様も喋ってるし、スタビントン兄弟もいよいよ出てくるし、新キャラも強烈だし、ラプンツェルは破天荒だし(笑)

結婚までの道のりもまだまだ遠そうですけど、いろんな経験をして、この全部を経験値として、一瞬ずつどんどんレベルアップしていくラプンツェルが楽しみです。

時を重ねるごとに輝きを増して来たラプンツェルですけど、一気に世界が広がったラプンツェルのこの新しい冒険が、ぜひたくさんの方々に届いて、そしてびっくりして、また新しいワクワクを一緒に楽しんでほしいですね。

畠中さん:テレビシリーズの前の、スペシャルアニメ「ラプンツェル あたらしい冒険」で投げられた布石みたいなものが、まだ全然触れられてないんですよね。

その部分がどういう風になっていくのか、っていうのが自分の中でもすごく楽しみだし。

どんどん成長していくラプンツェルに寄り添って、見守りながら、自分も成長していくユージーンを見たいし。

そこに絡んでいくカサンドラとか、ラプンツェルのお父さんとかお母さんとかの関係もどうなっていくのか楽しみですし、魔法の石が今度一体いつ出でくるのかとか。

知ってました? ラプンツェルの髪の毛、21mあるんですよ(笑)。

魔法の髪は、今なにをやっても跳ね返す、すごい髪になってるじゃないですか。

中川さん:映画の時より強くなってる(笑)。

畠中さん:映画の時はスッと切れたのに(笑)。

でも結婚する時はもとに戻ってるし、そこがどう解決していくんだろうか、とか、すごい楽しみです。

だからなんか、観客になっちゃってる部分もあるんで。

一話一話が本当に楽しくて、結構想像と違う方向に持ってってくれるから、それがまた新鮮で。

このまま、やる方にとっても、見る方々にとっても、いい意味で予想を裏切る展開になっていったらいいなあ、と思いますね。

で、最後は大団円で終わるという。

そこまでにはいろんなことが山のように起きて、いろんな冒険やら、苦労やら、幸せなことやら悲しいことやらがあるんだけれども、最終的に結婚のシーンに結びついたら…。

中川さん:大丈夫かなあ? 結婚できるのかなあ?

畠中さん:あれは幻だった…(笑)

中川さん:ってなるくらい、すでに色々起きてます(笑)今日収録したシーンも、画面を一時停止する度に、ユージーンがカサンドラと見つめ合ってたし(笑)

と、ここでインタビュー終了の時間になってしまいました。

この後の写真撮影では、謎のおばさんフリドボーグに話しかけるラプンツェルや、スタビントン兄弟に話しかけるユージーンの生アフレコを見せていただいたり、個人的に持参したパスカルのぬいぐるみでしょこたんと畠中さんに遊んでいただけたり、ラプンツェルオタクとしては天にも昇る時間を過ごすことができました。

これからもどんどん輝きを増していくラプンツェルの新しい冒険譚、「ラプンツェル・ザ・シリーズ」を是非見逃さないでください!

■ラプンツェル・ザ・シリーズ
ディズニー・チャンネルにて日本初放送
2017年8月11日(金)19:30 第1話先行放送
2017年8月26日(土)11:30 レギュラー放送開始(毎週土曜・日曜 11:30/17:30/22:00)