桐山漣、ゲイでホームレスの超個性的キャラを熱演「魂が揺さぶられる」

写真拡大

俳優の桐山漣が、8月8日放送のドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜21:00〜)第4話で、原作でも登場するゲイでホームレスのヤング役として出演する。

本作は、凡下(ぼけ)高校のトビオ(窪田)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)とOBのパイセン(今野浩喜)らの姿を描いた青春&逃亡エンタテイメント。マルをボコボコにされたトビオたちは、市橋(新田真剣)をはじめとする不良たちに復讐するために、軽い気持ちで矢波(やば)高校に爆弾を設置。しかし、威力が弱いはずの爆弾がまさかの大爆発を巻き起こし、死傷者が出てしまう。“容疑者”となってしまった彼らが逃走劇を繰り広げていく。

ヤングは、路地裏でドン底に落ちたトビオと出会い、新たな生き方を教える、新・パイセン的存在にあたる重要な役どころ。桐山は「ホームレス役も、ゲイ役も初めてです。恋愛対象は男性ではないですが、役柄の個性のハードさに、“本当に自分に?”と耳を疑いました」とコメント。「原作を読ませていただき、これだけおもしろく個性派な役と出逢えたことに魂が揺さぶられる感覚で、撮影が楽しみでなりませんでした」と述べ、「窪田さんのパンツを後ろから脱がすカットは、何度も何度も撮りました。もうお尻の形を当てられるくらい(笑)」と撮影を振り返った。

第4話では、爆破の復讐に燃える市橋に捕まりながらも、トビオは隙を突いてなんとか逃走。一方で、パイセンを捕まえ、トビオが共犯者だと確信した刑事の飯室(三浦翔平)にも追われることに。また、トビオのことを心配する幼なじみの蓮子(永野芽郁)から「今から会えない?」とメッセージが送られてくると、「矢波高の教師・熊野(森田甘路)こそが爆破の真犯人だ」という疑惑を全て話そうとするが、指定された待ち合わせ場所には、飯室と話す蓮子の姿が……。そんな中、トビオの金を盗んで逃走中のマルは、熱海の夜の街で豪遊。店で知り合った女性に入れあげ、湯水のように金を使っていた……。