ファイティングポーズを決めPRする平愛梨(左)と今田耕司=都内

写真拡大

 女優・平愛梨(32)とタレント・今田耕司(51)が日本マクドナルド「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」キャンペーンのサポーターを務めることになり、7日、都内で行われた発表会に出席。平の夫でサッカー日本代表DF・長友佑都選手(30、インテル)が“どっち派”かを巡り激論を繰り広げた。

 マクドナルド初となる“愛称”をかけた企画は、東西の特色を打ち出した期間限定バーガー(東京ローストビーフバーガーVS大阪ビーフカツバーガーなど)のおいしさを競う。「マクド」は関西中心の11府県のみで浸透(マクドナルド社調べ)しており、長友の出身地・愛媛県は“マック・マクド”両方を使うという。

 「マクド」圏の兵庫出身ながら、マック軍を率いる平は「(夫は)もちろん、ローストビーフバーガー」と主張すれば、マクド軍を率いる大阪出身の今田は「長友選手は試合でカロリー消費するから(補うために)ビーフカツバーガー」と応戦。縦横無尽にピッチを駆け回る“アモーレ”を取り合って、舌戦を繰り広げた。

 さすがに形勢不利?の今田は「アモーレのいない君たち!僕も含めて、独身男性に強い味方!」と食べ応えあるバーガーを猛アピール。一方、「マクド」派の疑惑もかかる平は「押しに弱くて言いたいこと忘れた」と今田の口撃にたじろぎながらも、「平家はマック」と一歩も譲らなかった。

 今回、少数派の「マクド」が商品名のツイート数などで勝てば、公式ページがマクド仕様に変わる予定。