画像提供:マイナビニュース

写真拡大

「あのこのあしうら写真展」製作委員会は8月14日〜20日まで、女性の足裏がメインの写真展「あのこのあしうら写真展」を開催する。同展では、日本ニーソックス協会のモデルの優月心菜さん、身長139cmでミニマムタレントとして活動する三井瞳さんなどを被写体とし、カメラマン湯澤祐紀さんが撮影した写真100枚を展示する。

同委員会は、ふともも写真やシースルー写真など、フェチズムを昇華させた写真展が注目される中、まだ開拓していなかった場所として足裏を取り上げたという。また、足裏について、普段隠れていて下手したら裸よりも見ることが難しい部分ではないかとし、足裏を出している女性ならではの、艶めかしさや朗らかさ、爽やかさや生々しさ、柔らかさを感じ取ってほしいとコメントしている。

展示会場は、古民家をリノベーションしたアートスペースで無垢板の床となっており、靴を脱いでリラックスして閲覧ができる「足裏スタイル」。また、会場入り口には激痛足つぼマットを設置するなど、足裏にこだわった仕様になっている。なお、会場では、限定グッズの各種販売も予定している。

会場はイエローハウス(東京都中央区日本橋)で、営業時間は11時〜20時半。入場料は500円となる。