熱いトークバトルを繰り広げたマック派の平愛梨とマクド派の今田耕司=東京・新宿区

写真拡大 (全3枚)

 タレント、今田耕司(51)と女優、平愛梨(32)が7日、東京都内で行われた日本マクドナルドのキャンペーン「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」の発表会に出席した。

 地域によって「マック」「マクド」と異なるマクドナルドの“愛称”に絡め、東西の特色を打ち出した期間限定バーガーのおいしさで対決するキャンペーン。

 「東京ローストビーフバーガー」などで勝負するマック軍の平は、「ローストビーフとチーズが合う。とにかくリッチで優雅な気分になれます」とアピール。夫のサッカー日本代表DF長友佑都(30)=インテル・ミラノ=についても、「もちろん、ローストビーフバーガーです」と“マック派”を主張した。

 これに対し、「大阪ビーフカツバーガー」などを擁するマクド軍の今田は「長友選手は試合でカロリーを消費するから断然、ビーフカツバーガー。アモーレのいない君たち! 自分も含めてですけど、独身男性に強い味方!」と応戦。「そもそもマクドナルドでしょう。小さい『ツ』はどこから持ってきたの?マックは間違いや。正式愛称はマクドでしょう」と持論を展開して笑わせた。

 愛称対決の勝敗は20日までの公式ツイッターのリツイート数で決定。応募者にはTシャツや割引クーポンが当たる。