大坂なおみがワトソンの途中棄権で大会初勝利 [ロジャーズ・カップ]

写真拡大

「ロジャーズ・カップ」(WTAプレミア5/カナダ・トロント/8月7〜13日/賞金総額273万5139ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、大坂なおみ(日清食品)が予選勝者のヘザー・ワトソン(イギリス)と対戦。大坂が6-1 4-1とした時点でワトソンが棄権したため、大坂の2回戦進出が決まった。試合時間は52分。

 両者は今回が初対戦。今大会に2年連続出場となる大坂は、予選2試合を勝ち抜き初の本戦入り。昨年は予選1回戦で、アラ・クドリャフツェワ(ロシア)に6-3 6-7(6) 4-6で敗れていた。

 大坂は2回戦で、第15シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)とローレン・デービス(アメリカ)の勝者と対戦する。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ロジャーズ・カップ」(カナダ・トロント)で2回戦に進出した大坂なおみ(スタンフォードの大会でのもの)
Photo:STANFORD, CA - AUGUST 01: Naomi Osaka of Japan competes against Caroline Dolehide of the United States during day 2 of the Bank of the West Classic at Stanford University Taube Family Tennis Stadium on August 1, 2017 in Stanford, California. (Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images)